ホームにもどる

塾長の日々のつぶやきブログ

ab-絵本創作塾 塾長のつぶやきブログ

塾長の似顔絵
塾長の似顔絵

塾長の須田繁太が、日々に感じた事

日々に思った事を

素直に

思うがまま

考えるまま

流れるままに

綴っております。

あくまでも、個人の考えです

 


facebook のab-絵本創作塾にも

日々のニュースを載せておりますので

ご覧ください。(誰でもが、読めます)

                      ホームへもどる

「楽しく愉快に素直に思うがまま!」
さぁ、塾長と一緒に楽しく絵本作りをしましょう。願えば叶う!

2018年

12月

01日

12月スタート

いよいよ年末の12月が、スタート

12月は、師走と言うが

まぁ、僕も師になるが

走りませんけどね(爆)


毎年、言っているけど

年末になると1年の事を

顧みる


変わった人

変わらない人

人それぞれだろうが


変えたいのに変わらなかった人は 変える時期が悪いのかもね


年が明けたらとか

春になったらとか

4月からとか


思ったときでなく

先送りにしている


先送りにしていると また、いつもの流れに流されて

なかなか、行動出来ない


思い立ったときがやるとき

思った時がチャンスなのだろう


1年の計は、元旦にありは

ひょっとしたら

元旦に考えるのでなく

12月に考えて

正月~スタートすることなのかもね


そんなことを思う

12月スタートの日です

2018年

11月

30日

あっという間に11月末

いやいや

時が過ぎるのは早い

暑い暑いから

寒い寒いにかわり


あっという間に11月末です


なかなか、忙しく

なかなか、騒がしい

変貌の年


実直

幸せ

負のパワー


そんなことを考えさせられる年かな?


さぁ!あと1ヶ月


1年の計は、元旦にあり

先取りで、来年を決めるのも良いかもね


来年に来年を決めるのでなく

今のうちに来年を決めて

スタートするのが

良いのだろう


新たな年のスタートを迎えると同時に

スタートする年


さぁ!

始めようチャレンジ!

なのかもね


1年の計は、元旦にあり


そんな言葉を考える

師走前の11月末の日です





2018年

11月

28日

やる気と成果と属すると事の大切さ

何かをやろうと思ったとき

人は、何かに属するとやり易い


スポーツをやりたいと思えば

そういうクラブに属したり

語学をやろうと思ったら

語学のスクールに属したり


自分一人で、やるには

なかなか、難しいのは

人は、自分に甘いから


属しているからとやるわけでなくても

属しているから、まるでやらないわけでもなく、ちょっとはやるのである



ところが自分だけだと

やります、やります、やっています、やっていますと心で言ってるだけで

本当は何もやらない人が多い


それが人なのかもしれない


大人になってからも課題がある事って、

とても幸せなことなのかも知れない


課題は、みんな心のなかにあるのだろうが

自分の期限では、なかなか守らない

それが、他の人に対しての期限になると

やらなきゃ!という事になり

それは、守る期限の課題となる


自分への課題は

その道の自分の壁

壁を越えなきゃ、同じ位置にいる

何年経っても、同じ位置にいる人は

ずっと、同じ壁に向かって止まっている人


それを打破するのは

「やる」事なのである


志しだけでは、なかなか越えられない

道の壁は、属する覚悟を決めたら

意外と楽なのかもね


時間が無い、時間が無いと言う人も多いが

時間は、作らなきゃ無い

時間は、作れば必ずあるのである


時間を作るのは

やらなきゃ!と思うからなのである


やらなきゃ!と思っていて、やらない人は期限が無いから、

やらなきゃと思って、やっている人は

何かに対しての締め切りの期限がある人


そんな締め切りの期限

それが、大人になっても課題のある幸せになるのかもね


属することは、そういう義務を生み出す場なのかもね


やれば、必ず前に進むのである



2018年

11月

27日

絵本塾のホームページなのに

絵本塾のホームページなのに

コースとか募集に関係するページより

他のページの

絵本論とか子ども関係の記事とかが

多く読まれてる


好き勝手に書いている部分

正しいことも、違うこともあるだろうが

まぁ、それはそれで良いのである


出来れば

募集やコースの閲覧が増えて

塾生が来ると良いのだが


広報宣伝しないから

検索してくれないとなかなかと

見つからないホームページかもな


最近、通塾で通い出した塾生が

授業が終わる度に、もったいないもったいないと言う


絵本は可愛いものとか 

絵本はこうあるべきと言う

押しつけがないことが

自分の好きな絵本を作れる

なかなか、無いんですよ

色々なところを見学したけど…と

言ってくれる


まぁ、そこがこの絵本塾なのだけどね


教育の世界を生きてきたから

育てと伸ばしには自信があるし

何千人も見てきているから

対応力も大きな幅であると思う


さぁ!ファイト!だな



2018年

11月

25日

カモメ到来

ab-絵本創作塾の目の前には

神田川が流れているのですが

冬になるとカモメが現れる

鴨は、いつもうろうろしているが

カモメは、冬に来る


先日、今年はじめてのカモメ到来

冬になったのだなって感じる

気温もぐ~んと下がって感じては居たが

目に見える季節の使者を見ると

実感するものだね


暑い暑いと言っていた猛暑の夏も

過ぎれば、消えて

寒い寒いの冬となる


白鷺や潜水するカイツムリの野鳥が、窓から見える、

都心のど真ん中でも自然はあるのだな


さぁ!

ファイトなのである!



ab-絵本塾教室風景の画像
ab-絵本教室(高田馬場)

〒171-0033

東京都豊島区高田3-10-18

東ビル203号室

ab-絵本創作塾


絵本棚が増えた画像
絵本棚がどんどん増えています。
ab-絵本創作塾 授業風景(画材授業透明水彩)
授業風景(画材授業透明水彩)
創作絵本コースの絵本塾授業風景の画像
創作絵本コース作品
1冊の絵本を創作してみるコース授業
絵本制作風景
ab-絵本創作塾コース授業風景
パステル体験

当サイト内に掲載されている、全てのイラスト・写真・文章の無断転載、転用を禁止します。

copyright ©ab-sousaku

all rights reserved.