2018年

5月

26日

絵本作家になるためには!

絵本作家になるためには

普通の美術や絵画をやっても

駄目なのだ


まぁ、あくまでも僕の考え方だけどね


だって、絵が上手いからと言って

絵本作家になっている人は

少ないのだな


絵本擬きの挿し絵やイラストでの

絵本描きはは沢山いるが


ここで言う

絵本作家とは、1冊の絵本を

文も絵も自分で作るか

いつも、定番で組んで作るかの人達


イラストの仕事の延長で

絵本を描く人達ではない


なぜ、上手いが必要ないか?

上手いって、誰が上手いと決める?

見た人だよね

沢山の人に上手いと受け入れられると言うことは、平均的に出来であると言うこと

ずば抜けて上手いとか

ずば抜けて凄いとかは

ずば抜けているから特別


そうでない、素人の範囲で上手いとかのレベルはゴロゴロといるのだから

そんなところで勝負してても

なかなか、芽が出ない


売れるとか売れないとか

まぁ、それも大切なことだけど

それを意識して、意識し過ぎて

肝心な自分を見失うと

逆に売れなくなる


絵本

回りにある絵本をよく見てみると

絵で言えば

見ただけで誰の作品かわかる

そう

それが個性


個性を磨くとは

そういう絵本作家の命を磨くと同じ


あるがままに思うままに描いて

それを作品のレベルに仕上げられる力


本当は、それが大切


好きなように思うままに描いていたら

その仕事は続けていられるが

無理して、我慢して仕事をしていたら

それは、苦痛となる


それでも、基本は大切

絵本について

絵本の絵について

画材について

絵本特有の効果について

言葉について

文章について


無いようで、実は沢山の基本項目がある


同じ作るなら

その基本を土台に作った方が良いよね


絵本作家に成りたいなら

絵本を知らないとね

絵本作家に成りたいなら

描かないとね


相手を知るのは

大切な事だからね


そんな事を思って

本格的絵本作りを教えているのです





2018年

5月

25日

課題(作品)への愛着

先日、絵本通信教育の塾生から届いた課題の作品が

ぐ~んと伸びてて

講評で、良くなったですねって伝えたら

「愛着のある」絵になったんですと

お返事がきた


通塾の塾生も

自分の描いた作品を

宝物のようにしている


そう

そういう意識がとても大切なんだよね


それは、一生懸命に描いたから

生まれる感情

必死に描いたからこそ

生まれる感情


そんな言葉や扱いを見ていると

伝わってきたなぁ~と思う


そこに愛があるのだろう

そして、愛のない作品は

作品でなく作業の結果なのかもしれない


本当は、絵には全てが現れているのである


ただ、注意しないと駄目なのは

愛着でなく執着すること

似ているが、まるで違う


執着するとそこから出れなくなる

執着でなく、愛着

前向きな愛着が大切


感情移入して

成りきって

一生懸命に描く


そこに上手いとか下手とかを超越した

絵本の世界があるのかもね


絵本は絵本

ここは、それを教える絵本塾ですね





2018年

5月

22日

天気は良いが、暑くない陽気は掃除日和

最近の天気は

晴れているが、暑くはない

そういう時は、掃除日和


エアコンをこれから使うから

エアコンを掃除

中まで掃除したら

真っ黒だったよ


そして、電灯の笠の

絵本塾の電灯は、笠が有るのだが

そこも掃除しないとエアコンをつけたときに

ほこりが舞うからね


いやいや、掃除しているようで

していないものだ

ほこりがついているものだね


そうやって、夏に向けて快適な準備


ついでに、大きくなった観葉植物の鉢を植え替えたりと

日常、出来ないことをやってました


なぜなら、隣のビルが工事してて

爆音の工事音

たまたま、授業もなかったので良かったけ

コンクリートを掘削してた


まぁ、隣のビルのオーナーとは仲良しなので

良いのだけどね


今日は、またいつもの静けさ


都心のど真ん中なのに本当に静かな立地

絵本塾は、魔法のような場所なのだな


塾生が、何時間も居るのは

この環境かもな


みんなが居座る

絵本塾なのである(爆)


2018年

5月

21日

知る事とやる事は、まるで違う

今は、情報の時代で

色々な事をすぐに知る事が出来る


人とは不思議なもので

知ると出来ると思う部分がある

しかし、知識は知識

実際にやるのとは違う


想像、イメージはあくまでも

思考の世界で

実際にやろうと思うもなかなか出来ないもの


頭でっかちになり

何でも知っているから何でも出来るつもり


つもりであり

出来るのではない


特に手仕事に値する事は

手を実際に動かさないと

何も進歩しない


経験値

失敗しても、上手く出来なくても

経験値を積み上げる事が

手仕事にとっては大切なことなのだと思う


手が思うように動く

まずは、これが一番大切なことかもね


知っているから出来ると

勘違いしやすい情報の時代


アナログで、地道にやることに

勝る事は無いのだろう


絵も絵本も

やらなきゃ駄目

自分で描かなきゃ駄目


自分の作品を積み上げる事が

一番大切ですね

2018年

5月

20日

やりたい事、やってみたい事は、やろう!

憧れ

希望

願望

将来


やりたいと思うことに

そういう要素がある


やりたいと思ったことが才能


やりたいこと、やってみたいことを

行動してやると

それは、経験となり、現実となり


良い意味で、夢が夢でなくなる


「夢は、見るものでなく、掴むもの」


頭の中の思考で

いくら夢見たり、憧れたり、望んだりしても

実際に行動しなきゃ、現実にはならない


始めなきゃ何も始まらないのだな


やってどうなる?

やったら知れる!


答えは、それだけかもね

知ることは、大切なのだ


さぁ!

もたもたしていると

あっという間に時が過ぎる


早く始めれば、早く動ける


そんなことを思った本日の朝なり

2018年

5月

19日

根は大切

根がしっかりしていれば

いつか、葉が伸び花が咲く


ふっと、思いついた言葉


やはり、根

基礎が大切だね


基礎の上に葉が伸び

葉が伸びると花が咲く


絵本塾の折鶴らんが咲いた

白い小さな花

雄しべの黄色が映える花


そして、折鶴蘭と言う名前

つるが出て株分けになるのだけど

それが、鶴のように見える


株が増えて、今は株分けした方の花も咲いている

水だけなのによく育つものだ


根がしっかりしているのだな

そんな様子を見て

思った言葉だが

根は大切


根が腐っていなければ

いつか、花咲く時が来る


そんな言葉も浮かんだ


そんな寒暖が激しすぎる

真夏のような陽気の日々

2018年

5月

17日

新月と満月

今月は、この前の15日が新月

月が見えない時

新月は、何かの始まり

事始めとか、新しいものに変える(財布とか)と良いとされている月パワーの日らしい

そして、満月でその事が実るらしい


この前の新月は、特に色々な要素のある新月で、まぁ願いが叶う新月だったらしい


願いは手書きで書き出すと良いとされている

そして、ひとつでなく沢山がよいらしい


願いは信じたら叶う

なぜなら、信じることで願いとなるから

願いながら、心のそこでは無理だろうと思ってると

その無理だろうが願いになるらしい


だから、願いは信じたら叶う


この前の新月から、気が変わった気がする

単に気がするだけだが

変わったと思うと変わるのだろう


変わったのである

良い波になったのである

絶対に良い気になったのである


それを信じていれば良いのだ!

ラッキーな波が押し寄せるのだな


なぜなら

この前の新月は、そういう願いが叶う新月だったからです


暗いことより

明るく考えてた方が

同じ過ごす時なら、得だしね


明るく元気な方に

プラスが寄るのも

引き寄せの法則に合ってるのだ


さぁ!始めよう絵本作り!

なのである!

2018年

5月

14日

ハーバリウム

昨日は、母の日

街に出たら、花が沢山売られていた

カーネーションが多いが

花柄の物も沢山あった


で、今

個人的にとても興味津々のハーバリュウムも

売られていた


水中花みたいな瓶に入ったドライフラワー

作り方も知ってるから

今度、作ろうかと思う


昔から

水の中的なのが好き

絵本塾にはガリレオ温度計という

温度で中の浮きが沈んだり浮かんだりして

今の温度を示す物があるが

これも、水中に浮かんでいるので

お気に入り


魚座生まれだから

水系が好きなのかな?

とにかく、久しぶりにウキウキするものなんだよね


そういう、ちょっとしたことが

元気のもとかもね


魅せられる世界ってあるよね


作るのが楽しみだな!


そんな母の日でした


2018年

5月

13日

絵本の絵は、絵本の絵(学ぶことは楽しいばかりではない)

絵本作りを学ぶと楽しいことだけでなく

難しい事も大変な事もある


実は、それが学びなのかもね


楽しいことばかりなら

それは、今の位置のまま


難しい事や大変な事があるが

それは、今までの自分の上をやるから

だからこそ、越えると学びになる


そして、越えたときに楽しさや嬉しさが来るのだろう


志し高く

志し強く


それが、何をやるにも大切なのかもね


悩み、必死にやり遂げたときに

階段を一段上がれる


簡単にクリアー出来る事は

やれる範囲の事で

作業でしかないのかもね


でも、絵の世界では、絵本の世界では

正解というものが無い世界だから


やるだけ、やってみる事が大切で

やらないと何も始まらい


絵の画材でも、相性と言うものがある

使いやすい、使い勝手がよい画材と

使いにくい、思うように出来ない画材が

必ずあるのだな


でも、やってみなきゃわからないこと

だから、一通りの画材の基礎をやってみる


そして、相性の良い画材をメインに絵本を描き


他の画材の特性も知っているから

背景などの用途に使える


知るというの大切なことは

知っていれば、いつか使え

知らなきゃ、使えないということ


経験が無駄になることはないのだな


絵本の絵の世界では

画材の併用

色々な画材を適材適所で使って良いのである


美術の世界は

水彩画

油絵などの同じ画材で表現しなきゃならないが


絵本の絵は、何を使って描いても良いのである


それは、原画が勝負の世界でなく

印刷された本が勝負の世界だから


画材の技法とか技術よりも

何をどう描きたいか?の

イメージが大切


そのイメージを表現する為に

色々な画材を酷使して描いて良いのである


絵本の絵と美術、イラストの絵の違いの

ひとつでもある


絵本の絵は、絵本の絵

本当の絵本の絵の絵本作りを広めたいのだな


2018年

5月

12日

新しいアイデアは全て出すこと

昨日、新しい絵本作りに入った塾生

独り立ちさせるために

あんまり、細かいことは言わないが

いやいや、1冊作っただけで

こんなに内容を把握してるとは!

この人は、絵からの発想の強い人なので

文章でなく、展開図と言う絵で絵本を作り上げていく方法にしているが

とても良い展開図が出来てきた

継続しているとどんどんと伸びるなぁ~


キャラクターを固めている時も

その絵から、色々な発想やアイデアが出てくる


1度作ったものに固執して

固まると面白くない

出てくるアイデアをみんな出しきる

そこに、新たな良さが生まれる


良くアイデアを自己判断で消す人がいるが

その判断は自分の判断

人には面白いかも知れない


何がどう転ぶかはわからないから

自己判断で打ち消すのはやめた方が良い


出てきたものは全て出すこと

これがとても大切


駄目なのもありあり

良いのもあるかも!です


ひとつだけの勝負なんて

なかなか無いのだな


後は、いかにラフに描けるか?

下絵は良いのに

本描気になると駄目になる人も多い


それは、余計なことを考えるから

上手に描こうとか

うまく描こうとか

きれいに描こうとか


それを考えると線が固くなり

死んだ線になり

駄目な絵になる


楽に描いて

それを作品に仕上げる力


プロに必要なことは

仕上げの力なのだと思う

 

色々と話し合って三時間

楽しい時間だったな


次が楽しみだ!

 

塾生の作品は 通信教育でも、通塾でも

いつも、楽しみ


みんな違って、みんな良いのだ!


そんな授業でした

2018年

5月

10日

いつやるか?今でしょ!

少し流行りからは古いが

この林先生の言葉って

本当に良い言葉だよね


昔から同じ意味の言葉も

色々とあるが


今やる!って

大切だな


迷っていたり、そのうちと思っている間に

時は、どんどんと過ぎる

時が過ぎるとタイミングやチャンスが逃げる


タイミングを逃すと

あっという間に時が過ぎる


今年も、あっという間に5ヶ月

半年が過ぎてしまうのだな


条件が整ったら

時間が出来たらなんていっている間に

どんどんと時は過ぎるからね


「いつやるか?今でしょ!」


とにかく、何かをやりたいと思ったら

やり出すことが大切なのかもね


やらなきゃ、なにも始まらない

夢見ていても夢なんだよね

夢は行動して始めて実体となり

近づくものかもしれない


やり出したら楽しい

早くやれば良かったと思うことも沢山あるからね


だから、思ったらやろーと

思い立ったら吉日なのだよね


思い立つのは才能

興味があるから思うのだからね


さぁ、ファイトだぜ!


2018年

5月

08日

やれなかったのでなく、やらなかった後悔

やりたいやりたいと思っていて

やれなかったと良く言うが

本当は、やれなかったのでなく

やらなかったのかもね


やりたいと思う心を

何かで、打ち消して

何かを理由にして

ただ、やらなかったのだ


自分を顧みて

ふっと、そんなことを思うのである


やれなかったのでなく、やらなかった


単純に生きるとか

シンプルに生きるとか

そんな本があるが


思い立ったら吉日と言う言葉もあるが


そのパワーをそのままに動いたら、

やらなかったが無くなるのかもな


失敗や後悔もあるかもしれないが

やらないより良いかもね


やらない理由に

知らないうちに植え込まれた

無駄、無理、無意味の概念


無駄なんてない

無駄は、無駄と思ったときに無駄になり


無理というのも、

やってみなきゃわからないのに、

計算で無理と決めて終わりにする事になり、結果主義的な思考だ


無意味も、何にたいして無意味なのか?

それを考えると無意味なこともない


もちろん、思いつきでなく

考えて考えた時の事


やりたいとかやってみたいと思うことって

沢山あるからね


その中でも、本当にって事はある

それをやることが大切なのかも知れない


それに対して

結果主義的な思考になると

やりたかったのにやれなかったと言う

自己弁護の言葉が出るのかもね


なんとなく

頭に浮かんだ事 

「時」は、有限なり


やらなきゃ損なりかもね





2018年

5月

07日

絵本塾は、夏様式になりました

GW の連休中に

絵本塾は、夏仕様に変わりました


冬仕様のものを天日に干して

分解して収納


寒さ対策で隠れていた床のフローリングが

顔を出し(爆)

木の色は良いよね

今までは、上は絨毯だったから

雰囲気が変わった


足元を暖めてくれていた

炬燵も分解して無事に収納出来たし

冬は、出しているものが厚手だから

収納場所は、空いていたが

冬物を仕舞う段階になると

収まるかとちょいと不安になったが

きちんと収まってくれたから良かった


いよいよ、今年も本番だな

毎年、GW 明けまで

なんとなく新年の流れで落ち着かないが

お盆まで、普段と言う時間が流れるのだな


良い暇な連休でした

暇とは、絵本通信教育の課題も届かないし

通塾の塾生も、お休みだから

外予定がないと言う意味でね


色々とやれて良かった

一番は、気になってた棚を半分の大きさに変えれたこと


これで、ロッキングチェアーが自由使える

木製の本格的なロッキングチェアー

棚が大きいときは出しにくいし

足が冷える季節は使う気がしなかったが

これからの季節は良い季節


家に居ながら

ブランコ気分


観葉植物もぐんぐんと伸びて

大きくなってきてるし


またまた、良い雰囲気の絵本塾になったな


さぁ!

始めよう、絵本作りですね!

2018年

5月

05日

絵本塾も、心地好い爽やかな空気だから

こどもの日

天気良いし、空気も爽やかで心地好い

行楽には、良い天気だな~♪


でも、こういう長い休みこそ

色々と大きな事を変えるのにちょうど良い


昨日は、本棚の変更

気になってた本棚を少し小さなサイズに作り替えた

本を動かすのは面倒だから

なかなか、やる気にならなかったが

夢にまで見てしまうほどに気になってたから

半分の本棚に作り替えた


そして、今日の午前中は

冬仕様の床を夏仕様へ

絨毯とマットを取り

フローリングにした


絵本塾は、とても冷える

神田川の川風が冷えるのだな

だから、足元を暖かくと

マットと絨毯でカバーしてた

久しぶりにファイトが見えて

木の色は良いなぁ~


夏仕様の絵本塾で 

絵本作りを始めましょう!

2018年

5月

03日

GW 長期休みは自分を見つめる時

日々の生活に追われて

日々のパターンで生活し

いつもの通りに時が過ぎる


そんなときに、GW のような

長期の休みが来たときに

行楽も良いが


いつもの時が止まっているのだから

自分を考えて見つめるのも良いかもね


次の事を考えないで良い時にこそ

自分を見つめる


生活の渦に流されて

時が過ぎていることを知る


予定で埋めている人は

それは、それで良いが

長期休みなのに、何もすることのない人は

何かが違うのかもな


時が止まったときに

見えてくる何かがある


そう言えば、あれをしたかったとか

そう言えば、あれに興味があったとか

そこに、ひょっとしたら

新しい時が来るチャンスが有るのかもしれない


時が過ぎているか

時を過ごすか


大きな違いがある


人それぞれに

目的のあるなしはあるから

あくまでも、そんな考えもあると言う話ですが


何もやることのない時にこそ

何かが見えるのも確かなもの


少し、時を考えるのも

良いかもですね


さぁ!始めよう絵本作り

宣伝もしておこう!


2018年

5月

01日

5月です、そろそろ自分のこと

新年度は

何かと巻き込まれて

自分のことを考える余裕もない時期


今日から5月です 

ゴールデンウィークですが

ゴールデンウィークが終わったら


自分のことを始めましょう


いつかいつかと思っていても

そのうちそのうちと思っていても


思い切って

飛び込まないと

スタートしないのですね


時は、金なり


始めなきゃ、止まったまま

そのままですよ


さぁ! 始めよう絵本作り

興味があるのは

才能です


才能は可能性

磨けるのは、自分だけです


どんな宝石も

磨かなきゃ、石ころ


磨いてみなきゃ、わからないのも才能

そして、磨いて無意味は無いのです


磨けば必ず光る

まわりとちょっと違う自分に

さぁ!歩き出そう!

2018年

4月

30日

何が違って、何が合っているのか?

生活をしていると

上手くいったり、上手くいかなかったり

色々な事がある


何が違って(悪い)

何が合っている(良い)のか

迷って分からなくなるときがある


そういうものは

目先では、答えの出ないものなのだと

時がかかるものなのだと

考えるのも必要


今、答えが出るものと

先に答えが見えるものがある


結果ばかりをを追い求めていると

結果が目先の事になり

目先で過ごすことになる


それは、その時は良くても

長い目で見たら、違う答えになりときもある


なかなか難しい事だ


何かをやると

何かの答えは出るのだろうが


答えが数学のように明確に即座に出るものではない

計算の答えも

簡単な計算の答えはすぐに出ても

難しい計算の答えはすぐには出せない


計算という方式が決まっているものでもそうなのだから

方式が確定していない

人の事なんて

答えは、振り向いたところにあるのかもな


顧みに答えあり

そんな事とも言えるのかもね


歩いて初めて道が出来る


ふっと、頭に浮かんだ事でした





2018年

4月

28日

絵本世界の感性を教えるのは、1対1がベスト

この絵本塾では

絵本通信教育でも、通塾でも

1対1のコースが人気なのだが


絵本は感性に触れるもの

絵本の絵

絵本の物語も

感性が大切


技術や技法や知識も大切だけど

自分の感じた事を素直に表現することが一番大切


それなくしては、なかなか個性溢れる絵本は作れない


そこに邪魔になるのは

人の目

人への意識


こんなの出すとおかしいと思われるとか

こんなの下手で人に見せられないとか


そう言う意識が

絵本を作る世界では、マイナスになる


教える人、学ぶ人の立ち位置が

はっきりしていて

自分の作品を遠慮なく見せれる関係は

個性を磨くには、とても良いのである


良いのは良い

駄目なのは駄目


お互いに屈託なく

素直に語れる環境だからこそ

力が伸び、力がつくこともあるのだ


なかなか、人がいると

自分を出せない人にこそ

その人の良い個性があるのかもしれない


感性勝負


だから、押し付けすることなく

僕は、そう感じると僕の感性を伝えながらも

最終的には、相手の思うがままに進める


この前、絵本公募で

審査員特別賞をもらった塾生も

その絵本を本当に大切に

そして、愛していること


自分で作った絵本

その自覚があるからだ


教え子が活躍したり

自分の作った絵本作品に誇りを持てる方向なら

僕の教えの道も間違っていないと思う


僕への勲章は

教えの活躍なのである





2018年

4月

27日

絵本塾から散歩

陽気が良かったので

昼から絵本塾の前の神田川沿いを

散歩してきた


いつもの、桜並木の場所を通って

池のある公園に行って

いつものコース


池には、段差があり

水が滝のように落ちている場所があるのだが

この陽気だと、水の風景がとても気持ち良い


この池には、おたまじゃくしが泳いでいる

この前まで、群れで泳いでいたが

昨日は、多きなかたまりの群れは無かったので、池の中を覗いてみたら

もう、立派な足が出ていた

早いのは、もう手も出て、違う場所に行ったのかもな


ツツジが色々な色で咲いていて

きれいなものだ

新緑もとてもパワーのある黄緑で

自然のエネルギーを感じた


神田川の桜並木を歩いて戻ると

行くときには、居なかった

とぐろを巻いた蛇が日光浴をしていた

蛇は、見ても

とぐろを巻いた蛇は、滅多に見たことがない


それも、黄土色に太陽光が当たり

黄金に見える


縁起が良いので

スマホで撮った


人もそれなりに通る場所なのに

陽気に誘われてのんびりしていたのかな?


とにかく、そんな出会いは

一期一会

画像に撮れて、良かった


陽気が良すぎて

汗をかいたが、心地良く、ラッキーな散歩


金運の「金のう○こ」でなく

そう見える、「黄金の蛇のとぐろ」と出会う


こりゃ~、ラッキーですね



2018年

4月

25日

絵本通信教育コースの受講料改定

このホームページでも

それなりに閲覧があり

絵本通信教育のページを沢山の人に見られている

興味がある人が多いのだな


そんな見ているだけで

終わってしまっている人に


絵本通信教育の受講料金を

大幅に下げてみました


全国から学べる

好きなときに好きな場所で

学べる絵本通信教育


このチャンスに

始めてみませんか?


始めて無駄なことはない

始めないで終わらせて

時を無駄にすることはある


始めなきゃ、何も始まらない


そんな言葉を信じているし


才能は誰にでもある

チャレンジ、挑戦して

初めて才能が目覚める


そんな言葉にも納得して


料金の改定にチャレンジ

内容は変わりません


ぜひ、このチャンスを活用ください


今日は、広報宣伝だけの記事です


寒暖の差が身体にじわじわと

響いてきています


さぁ、始めよう絵本作り!



2018年

4月

23日

絵本作りも、やり遂げたら、何かがある

絵本の事なんて

何にも知らないが

イメージだけで、絵本作家に憧れて

入塾した塾生

絵も描いた事ない

画材なんて知らない

もちろん、自分でお話なんて書いたこともない


でも、やる気だけはある


ひとつひとつ

順番に

はやる心を抑えながら

先取りし過ぎないように

確実に一歩一歩

課題をクリアーして


気づくと

絵が描けるようになり

画材を使えるようになり

物語を作れるようになり

自作絵本を作る


面倒臭い事も

時間がないことも

嫌なことも

沢山あるだろうが

やり遂げたら、何かがある


新しい事を始めるのだから

「いつも」では無くなる


だが、その変化が

いつも通り過ぎていくだけの時を

違う時にしてくれる


何年も何年も「いつも」で通り過ごしている人は、実は多いのだな


変化

それは、自分で与えるもの

変化

それは、自分で作るもの


そして、自分で望んだのだから

最後までやり遂げる


そこで、はじめて1段昇る


何もやらないより

何かをやったのだからね


自己満足でも良い

やったのはやったのだ


結果は、やったことなのだな


やったから何かがある訳でなく

やったことで何かがある


それが、結果はついてくると言う事なのかもね


粘り強く

諦めないで

ブレないで

区切りまでやる


そして、初めての自作絵本が賞をもらう

他からも認められる絵本を作ったのだな


新しい次のスタート

継続入塾して 会社に勤めながらも

また、創作に励んでいます


大切なのは

やる気


絵本塾で、いろんな事を教えれるが

唯一、教えれないのは「やる気」

やる気スイッチは入れれるが

やる気スイッチが、無ければ

お手上げですね


やる気は才能なのだな!

さぁ、始めよう本格的絵本作り 

始めれば、何かが始まりますよ!




2018年

4月

22日

やれないは、やらない自己防衛

色々な理由や

色々な言い訳


たまになら良いが

いつもいつもいつも

やれない理由や言い訳で

やらないのは


本当は、自分がやらないだけ

やらない自分の自己防衛の

理由や言い訳なのだな


やらなきゃ何も始まらない

前に進みようがない


そして、その理由や言い訳は

自分防衛の為だから

けっして、前向きではない


前向きでない事は

いつかは、続かなくなる


本当にやれないは理由

本当にやれないは言い訳なんて

そんなに有るものではない


やらないだけ

自分の問題なのである


だから、言い訳の前に

やること

やってみることが大切なのかもね


やれば何かが始まり

やらなきゃ何も始まらない


やらない人に限って

先取りばかりするもの


今の目の前を事をやらないのに

先の事を考えても仕方ない


今をやる

今を生きる

それが、未来に繋がると言う事かもね






2018年

4月

20日

職人に勝るプロなし

最近、思ったのは

職人に勝るプロなしと言う言葉


やはり、職人に徹しないと

本物になれないのかもね


人間国宝の人達も職人

作家

絵描きも

文章書きも

その道の職人


普通のサラリーマンでも

現場の人も

職人になると

その道のプロなのかもね


その道の一筋ってのも

職人


プロ中のプロにならなきゃ

その道では抜け出れない


自分の思うままに

自分のやりたいことをやり尽くす


やり尽くす事は、ほとんど不可能だから

みんな、満足をしないで

前に進むのだろう


無限の前がある

だから、ずっと修業なのかもね


自分の眼を高めると

違う世界が見える


自分の眼を高めることは

本当に大切なのだな


低い位置では、見れない感じれない事が

眼が高くなると気づく事が多くなる


絵を描いていても

どう描けば良いとか

完成がわからないとかと

疑問を持つ人が多いが

理想の完成図、イメージ画が頭の中に無いと

駄目なのだな


それは、最初から有るときもあり

描いているときに湧いてくる時もある


でも、それがないのは

描いていないから、眼が低いからなのだろう


パソコンの前に座っても

どんなに凄いソフトを入れていても

それを使うのは、パソコンの前の自分

パソコンが描いてくれるわけではない


道具なのであり

道具は使う人により

活かされたり、殺されたりするのだ


表現するのは

頭の中の事だからね


何事も簡単にはいかない

時がかかると言うことですね


さぁ、始めよう

絵本作り

早く始めれば、早く前に進む



2018年

4月

19日

寒いのか?暑いのか?

この1週間

暑いのか?寒いのか?わからない気温

外は暖かくても、室内は寒かったり

大きな災害があると

異常気象と言い出すが

日々の気温も異常かもね


そんな乱れた自然

社会でも乱れ乱れですね


常に、真実は「時」とともに証される

そんなことを思う最近


さぁ、今日からまた

気温が高くなるらしい

衣替えのための準備をしないとな


確実に季節は動いて

時は流れて

進んでいるのは確かだからね


周りが新年度で動き出し

周りが落ち着いたら

自分も動かないとね


良き朝日を眺めながら

思うことなり



2018年

4月

12日

絵本公募で受賞しました

絵本創作基礎コースで

1年間通塾していた塾生が

絵本公募に応募して

初めての自作絵本で審査員特別賞を受賞しました


絵なんて描いたことない

お話なんて作ったことない

ないないから、初めて1年


個性を磨いて1年


賞を受賞するって

凄いですね

なかなか、受賞出来ないものですからね


応募前に見て

大賞には難しいけど

何かの賞は貰えるよと伝えた通りに

審査員特別賞


まだまだ、これからですが

励みにはなりますね


今、有名になっている教え子の絵本作家も

最初は、こんなものですからね


大賞は難しいとは

主催者に媚びる作品を作らせなかったからです

公募とは!主催者の意向がある

それを見極めて主題にすれば良いが

それでは、単なる公募の作品


単なる公募の絵本を作ってもつまらないと

間変えるのが僕


自分の作品と胸を張って

どこにでも通用する絵本を作るのが

大切ですからね


審査員特別賞

ある意味、大賞より良いかも


とにかく、良かった良かった


あんまり、知られてないけど

児童文学の専門誌に作品を掲載されたり

大きな新人賞を受賞したりしている

教え子が多いのだな


だからこそ

本物で本格的に絵本塾なのだけど(爆)

知った人はラッキーな

広報宣伝しない絵本塾の凄さがここにある


ちゃんと育ちます

育ってますよ


2018年

4月

11日

絵本通信教育の課題の伸びにビックリ!

絵本通信教育のコースも

随時入塾可能なので

終わりもそれぞれなのだが


今日届いた提出課題

この塾生は、基礎画力コースの終盤

絵を高める課題に入って

前の提出課題と今日の提出課題


なんだ~?って思うぐらいに

伸びていて

とても、良い絵になり

感心する


この塾生だけでなく

他の塾生も急に伸びる時がある


いやいや、本当に凄いな


手を動かす事って

確実に伸びますね


何ヵ月前までは

普通の主婦だったろうに

ちゃんとイラストを描けている

継続して課題をクリアーして

手を動かしているからだな


このまま

修了まで、ファイトですね


やはり、課題が届くのは

楽しみだな


助言して

次の絵本通信教育の課題を早速送りましょう!


2018年

4月

10日

絵本塾の鑑賞魚ゼブラ

絵本塾で飼っている

鑑賞魚のゼブラ

このところの寒暖なのか?

でも、そろそろ寿命なのか?


餌をあげて食べても

太らないし

浮かんだように泳がない

体調不良なのか

寿命なのか…


生きているものは

限りのある命だから

仕方ないけど

なんとなく、こちらも元気がなくなるな…


魚の寿命

寿命まで飼えたのは

良かったけど


限りのある命って


中国の何千年の歴史の中でも

常に不老不死

ヨーロッパでも不老不死

映画のアンドリューと言う映画も

寿命を得て、初めて人と認められたと言う

ロボットの映画


人は、生き物は、限りのある命なのだな


そんな命を考えたりして

絵本の世界でも命に関わる絵本がある


親の死や

兄弟姉妹の死や

ペットの死など


死をテーマにすると

作品への世間評価は賛否になる


それぞれにそれぞれの考えが有るからね


今を考えると答えや正解はでないもの

そして、「時」が答えを出すのだろう


そこにロングセラーとヒット作品の差がある

時代を越えて残る作品

それが本物と言えるのかもね


100冊のヒット作品より

1冊のロングセラー

歴史に残る残らないなのかもね


ゼブラ

元気になれーなのである






2018年

4月

09日

何だかんだと、やれば前に進む

絵本塾の塾生

絵本通信教育の人も

通塾の人も


何だかんだと

始めてスタートしていると

ちゃんと前に進むのだな


あんまり、本人たちは

気づいていないみたいだが

確実に、絵は描けるようになっているし


手を動かすって

凄いものだな


継続する事も

大切なことだとつくづく思う


思い立ったら、吉日とは

良く言ったものだ


やろうと思っても

始めなきゃ、何も始まらない

始めたら、何かが始まり

何かを積み上げている


目の前の課題を越えていくことも

何もやらないよりプラスになる


自分で

決心しても

人の覚悟や決心は、時と共にブレるから

継続するのは難しい


けれど、属すると

やらざる得ない


絵本塾でも、継続して

学んでいる人たちがいるが

少なくとも、なん作品かは作らないと

顔を出せないから

作らざる得ない


その作らざる得ない事が大切なのだな


物があることは

自分のやってきたことの証しになるし

目に見える積み上げになる


頭の中や気持ちだけでは

何も積み上げられている実体がないからね


やることって大切だが

同じ継続なら良い継続をしないとね


良い継続とは

前に進む継続

定番の継続は留まる継続や

過去への継続になる


チャレンジや新作を生み出す継続が

良い継続なのかもね


自分の居る位置

自分の方向は

客観的に見てくれる人が居ないと

なかなか、見えないのかもね


さぁ、チャレンジ

前に進むのだ!



2018年

4月

08日

突然の飲み会 ホタルイカ!

昨日は、なんとなく心地好い日

朝から素敵な朝日を見れたし


夕方から突然に

ビールを飲みましょうと連絡が来て

絵本塾で飲み会


おつまみは、近くのスーパーで買ってきた


季節のホタルイカ

沢山食べた

手羽も買ったけど

意外とおつまみが有ったので

手羽は、料理しなかった


たまには、良いよね

久しぶりのスパークリングワインも

持ってきてくれたので飲めた


語るのは

ストレス発散

お互いに好きなことを話してれば良い


絵本の話でも

作品の話でも

会社の話でも

家族の話でも


何でも良いのである

声を出して話すのは

心が軽くなる


前に描いたパステルの絵を飾っていたが

それを見て

感動してくれたのは、嬉しかった

そして、粘土細工の金豚も

気に入ってくれた


絵本塾は、日々

部屋のレイアウトや

小物が色々と変わるから


久しぶりに来ると

あれ?こんなのあった?とか

こんなだったっけと?と

驚いたり、気づいたりして

そこから、話が弾むのだな


人が集まる

人が訪れてくれる

絵本塾は幸せだな


さぁ、今日も良い天気

ファイトだな!

2018年

4月

07日

寒暖は、続く 八重桜は満開

いやいやいや

ここ数日の寒暖

激しいですね


三寒四温でなく

一寒一温です


そんな気温のなか

ソメイヨシノは終わり

八重桜が満開


ソメイヨシノも新緑が出て

パワーの溢れる黄緑です


新緑のきれいな黄緑は

本当にパワーが溢れていますね


なんとなく、心が躍る

どこかハイキングとかに行きたくなります


ただ

虫も出てくるから

違う意味で大変だけどね(笑)


昨日の夜中に

どうしても、絵本塾の棚板を替えたくなり


夜中に作業して、終わらせたが

ふっと、気づいたら

ずっと前と同じ感じ 


でも、棚板の幅的に

これが良いのかもな

でも、色は白の方が良いなぁ…


中々、ピッタリとならないものだが

ちょいと様子見だな


日々の中で

少しずつ変化 それが刺激になり

気分転換にもなるからね


これは、これで良しとしよう


今日の朝日は とても、きれいな朝日

雲があったから、久しぶりに良い朝日だった


さぁ、好運がやって来るぞ!

そう信じて楽しく過ごそうっと

2018年

4月

06日

寒暖が凄すぎる

いやいや、寒暖という域でない

気温の上下

衣替えもなかなか出来ないですね


こんなに気温差

いつものことなのか?


色々な現象


自然の世界でも

人の社会の中でも

変化の激しい年ですね


そんな変化に巻き込まれないように

いつもの自分でいたいものです


気分転換に、新しい観葉植物を買ってきた

虎の尾というもの

空気の浄化に良い植物だそうな

まぁ、珍しいものでなく

良く見かけるものだけど

絵本塾には、初めての観葉植物です


観葉植物にも花言葉や効能が、それぞれにあり

そういうのを知って育てるのも楽しい


悪運を吸ってくれるという効能のある観葉植物もあるのだけど

枯れたときは、感謝しないとね


ちゃんと自己犠牲で、浄化してくれてるのだと思うとね


まぁ、寒暖が激しいけど

お世話して、なんとか成長させたい


根をしっかりとはらせる事が大切


相田みつをの

「夢はでかく 根はふかく」の言葉

根が大切だなって思うのでした



ab-絵本塾教室風景の画像
ab-絵本教室(高田馬場)

〒171-0033

東京都豊島区高田3-10-18

東ビル203号室

ab-絵本創作塾


絵本棚が増えた画像
絵本棚がどんどん増えています。
ab-絵本創作塾 授業風景(画材授業透明水彩)
授業風景(画材授業透明水彩)
創作絵本コースの絵本塾授業風景の画像
創作絵本コース作品
1冊の絵本を創作してみるコース授業
絵本制作風景
ab-絵本創作塾コース授業風景
パステル体験

当サイト内に掲載されている、全てのイラスト・写真・文章の無断転載、転用を禁止します。

copyright ©ab-sousaku

all rights reserved.