2017年

9月

30日

秋晴れの陽気に誘われて、鬼子母神に行ってきた

昨日は、とても心地の良い

秋晴れ

午前中に仕事が終わったので


午後から、鬼子母神に行ってきた


前は、歩いて行ったが

今回は、まだ自転車の空気が生きてるから(爆)

自転車で行ってきた

なんと、ほんの15分程度


この前の時は、イベントをやってて

ゆったり出来なかったけど


今回は、まったりゆったり出来た


お寺の売店の人や

お寺の人と話も出来て良かったな


鬼子母神とは

まぁ、狂暴な鬼の母親が人の子を食べて

恐れられていたが、お釈迦様がその鬼の母親の末の子を隠した

そうしたら、鬼の母親が嘆き悲しみ必死に探した

そこで、お釈迦様は、何千もの子を産める子のひとりを隠しただけで、そんなに悲しむなら、数人しか産めない人の子を失った嘆きはいかほどか?と伝え

鬼の母親が改心して、子育ての神様になったという話


だから、鬼子母神の鬼の点(つの)のない文字なのだな


由が田なのである


お寺の売店で、魔除けの土鈴が売ってて

形の悪い、子供が作ったような物と

とても、きれいに作られたものが同じカゴで売られていたから、お寺の人に聞いたら

悪い形の方が、元々で

製造中止になり、こちらのなったと形のきれいに方を指差して教えてくれた


鳴らしてみると、形の悪い方が良い音色

形の悪い方の土鈴を色々と鳴らして

一番気に入った音色の物を買いました。


ある意味、プレミアムだよね

もうじき、無くなるのだからさ


そして、お寺の売店にある

大黒天

手前に小槌が置いてあるのを見てたら

手に取って、振ってくださいと言われたので

胸に当たるように振りながら

願いを言ってみた


そうしたら、お店の人が、きっと願いは叶いますねと言ってくれので、叶うのだな!(爆)


そんなまったりした午後

まだまだ、紅葉とはいかないが

すっかり、秋だなぁ~


10月から絵本塾でイベントやるのです

イベント情報のコーナーを見てくださいな


これも、通塾の塾生が

あの授業、面白かったと言う話からの企画なんですよ


楽しく学べる絵本世界です


2017年

9月

29日

衣替えだね

いやいや、急に寒くなった

完全に秋到来

まぁ、もう10月だから当然か?


服の衣替え

部屋の冬支度だな


絵本塾の床はフローリングなのだが

神田川の吹きさらしの風で

冬は、相当に寒くなり

フローリングだと底冷えになる


だから、クッションマットを全面にひいて

その上にカーペットを敷いて

足元を暖かくするのだ


まだ、もう少し後で良いが

準備はしとかないとな


女性の訪問が多いから

冷えには対応しないと


底冷えの脚冷えは

身体にも良くないからね


色々と色んな事を考えている今日この頃

思いついたらやる


それを実践していかないとね


絵本イベントを企画中

10月からスタートだな


絵本の面白さとか凄さとか

知ってるようで知らない人が多いから

そういう絵本を紹介して

絵本文化の凄さを大切さを

知ってほしい


子供が、最初に出会う本

とても、大切な親子との絆を深める本

情緒安定、安堵感、心の安定、癒し、温もり

全てを網羅している本が絵本


子供の想像力、発想力、夢

それも、大切な事だしね


さぁ、今日もファイトだ!

2017年

9月

28日

部屋の模様替えと風水

風水の事は、あまり知らない

本は読んだが

あまり頭に入らないから

あまり知らないが


部屋の模様替えで

色々と物の位置を動かすことは

ひょっとしたら、風水にも関わるのかな?


なんとなく

なんとなく

イマイチが続いたので

前と同じ位置に物を戻して飾ってたら

なんと

その日に、もう流れが変わったもの変わって

良いことがあったのだな


まぁ、偶然なのかもだけど

それでも、偶然でもあやかりたいから

このままにしておこう


でも、いつも目に入る位置に戻したから

いつも目に入る

それが、良いことなのかもね


常に意識しているから

願が叶うのかもね


別に神様、仏さまを奉ってる訳じゃないよ

単なるウサギとふくろうの置物

でも、自分で作った縁起物だから


単なる偶然でも

良いのである

良い流れが見える気がするから


良い流れに包まれて

心地好く過ごそうっと


そんな雨の朝なのである



2017年

9月

27日

やって、何かがあるのでなく、やるから何かがある

ふっと、思ったことなのだが

何かをやろうとすると

結果を考える人がいる


しかし、結果は結果でしかなく

それまでのプロセスが大切


やって、何かになるのでなく

やるから、何かがある


やることが大切

やっている過程に何かがあるのだろうな


お金持ちになった人が

お金持ちになったことで満足したり

お金持ちになったことを自分の力だと

思うと


その横に奈落への穴がある


お金持ちになり

お金が有ることから

何かがあるのだ


何かの為にお金持ちになれたのだ


おかげさまの精神とは

そこにあるのかもな


おかげさまだから

恩返し


社会貢献

慈善活動

自然保護


そういうのに

お金を使わないとね


絵本作家の世界でも

あのピーターラビットで有名な

作家のポーターは


印税でお金が入ると

土地を買い

自然のままのピーターラビットの世界の森

を残した


そういう世界が、自分が好きだから

買って残したのだろうけど


いやいや、素晴らしいよね


お金なんて

あの世に持っていけないってよく聞くけど

本当に、生きている間の問題


まぁ、お金がないと生きていけないと言う

人間社会だから

お金も大切だけどね


人は強欲だから

どこかで、見切りをつけないと

無限の欲に自滅する事なのだろう


もっともっとと求めることを

餓鬼と言う


餓鬼地獄

食べても食べても、飲んでも飲んでも食べれない飲めない満たされない地獄らしいよ

常に飢渇に苦しむ地獄


話がずれたが

やるから何かがあるのは確かだね

やらなきゃ、何も始まらないのも確かだしね


そんなことをふっと

思ったのでした





2017年

9月

26日

早稲田の穴八幡宮に行ってきた

久しぶりに自転車を出して

早稲田の穴八幡宮に行ってきた


いやいや、自転車は行動範囲が広いね


行く前にタイヤの空気を入れるのに

汗かいたが


自転車でよかった


たどり着いてみれば

絵本塾からすぐそこ

自転車を出したのは、もっと遠いと思ったからなのだが

いつもの散歩しているところの少し先でしかなかった

だが、迷ったから自転車で正解だったな


本来は節分の日が、ご利益のある日らしいが

神様なら、いつも平等

お詣りした日が、願いの時だからね


金運パワーのパワースポット


きんきら金の現代の建物だった

何度も焼失しているから仕方ない


たどり着くことで満足して

あんまり、お願いしなかったから

次は、ゆっくりとお詣りして

お願いしてこよう


焼けても焼失しなかったと思われる

狛犬があって、可愛い顔してたな


さぁ、金運パワーは授かったぜ!


御札とかは、買わないけど

心の

気持ちの問題!


うふふなのである!

2017年

9月

25日

目で見る、秋近し

昨日は、なんとなく

心地好い陽気に誘われて

少し遠くの公園まで散歩


公園と言っても、広場の公園でなく

歴史的な庭園を公園にしている場所


都心のど真ん中なのに

山にハイキングに行ったような気分になれる

池のある、緑の濃い公園


紅葉が、日当たりの良い

寒暖の激しい場所のもみじが黄色に変わり

紅葉の始まり


目に入る花も、秋の花が多く

目で見る、秋近しの景色でした


空気が違うと

同じ場所も違う雰囲気


何は、蝉の音で満ちていた場所が

しぃ~んとして、哀愁に満ちてる感じ


秋だなぁ~と

つくづく感じたのですね


時を感じ

季節を感じ

静寂の中で

自分を感じ


帰りに太陽が出てきて

汗ビッショリになりましたが


心地好い散歩


仲良しの猫にも会えたし

慣れすぎて、動きもしないで

顔だけ、こちらに向けて挨拶(爆)


触っても動かないほどに

安心されてるのだな


さぁ、あっという間に月末や

ファイトだね!

2017年

9月

24日

絵本塾の広報宣伝的な記事ですが

いよいよ、秋のキャンペーンの申込み期限が迫ってます。

色々と手続きがあるので

26日までの問い合わせを対象とさせていただきます


お陰さまで、文化の秋に向けて

新たな挑戦をしていく仲間も増え

良いキャンペーンと思います


本格的過ぎて

本物過ぎて


人気商売をしないab-絵本創作塾ですが

そこに塾長の自負がありまして

変えようもありません


塾と言いながら

内容は、専門学校の授業のようなものです

専門教育の現場で30年

カリキュラム構成から各先生の授業内容

学生の育ち等を見定めてきた

経験値の上でのab-絵本創作塾のコース設定です


やるのは本人

本人が、手を動かし、思考をして

課題をやるから身になり力になる


この考えの根底は変わりませんから

普通の塾ではありません


同じ講評スタイルでも

受け手によっては、誤解や合う合わないもありますから

本当に難しい部分ですが


駄目なもの、いい加減、適当、いつものパターンというものに対して

成長する方向へと苦言もいたします


育って欲しいからの苦言も

通じない事もありますけど


いつか、絵本作りを続けてると

必ず、気づくと思ってますけどね


教えの経験値が違います

数千人に教えてきているレベルですから


見えるものは見えるのですね


さぁ、まだ迷っている方は

1歩踏み出す勇気を持って

踏み出したら、動き出すもの


そんなab- 絵本創作塾の広報宣伝的な記事でした。


安物買いの銭失いにならないように

高いものは高い価値がありますよ


まぁ、安すぎると受講生からよく言われますけど

習えばわかる、内容の確かさですかね


よろしくです。



2017年

9月

23日

大雨の夜

昨日の夜は

大雨の夜でした


神田川の水嵩が増して

濁流となり

轟音とともに

唸ってましたね


窓を少し開けて

その音に浸って寝てました


寝ながらも、その音を頭で追ってる感じ

自然の音は

どんなに大きくても

浸れば癒しの音なのかもね


夏の蝉の音とか

本当に精神統一になる音だしね


それに比べて

人工の音とは

人工だから、音的には雑音のない音なのだろうが

やはり、人工なのだな


雑音のなかに

何かが有るのかもな


純粋では、表現できない

味?

なのかもね


大雨の夜明け

雨の香りのする朝

雨の香りというのも久しぶりだな


少しの雨は、街の香り

それらを流しきった後に

雨の香りになる


観葉植物と雨の香りが

なんとなく心地の良い朝でした


さぁ、今日は、今日の時と幸運が来る

前向きにファイトだね

2017年

9月

22日

1冊のミニ絵本から、次の絵本へ

この前から、ミニ絵本の課題が塾生の間で続いてて

みんな個性豊かなミニ絵本が出来上がってきてる


1冊のミニ絵本から、次の絵本へ

課題は変わりつつ

学びは続くのだな


1冊作り上げて階段を1段上がったのは確かだ

色々と良いところも悪いところも見えてくる

それが、経験値


経験値を積み上げることが

本当の意味での学びなのだろう


最初の1冊は、絵本の基本的な作るときのポイントとか構図とかレイアウトとか

色々と話はしたが


次の作品からは

質問には答えるが

なるべく色々と言わないようにする


自分で作り上げた感を感じてもらうためにね


なかなか導きも大切だが

人に気づかされるのと

自分で気づくことは違うから


好きにやらせていく課題ですね

自立して絵本を作る力を身につけてもらわないと


先の本当の意味での自分の絵本を作れなくなるからね


課題が進めば進むほどに

黙々と作業し出すのは、良いことだな

やることがわかっていると言うことだからね


授業は、楽しいのである

おしゃべりしながら

忌憚なく質問や疑問を投げ掛けながら

リラックスした雰囲気での

絵本塾での授業


なかなか、良い環境だな


さてさて、通信の課題も

届いているし


秋近しの

過ごしやすい陽気


ありがたいよね



2017年

9月

21日

新月明けの朝

昨日が、新月

新月明けの朝に思う


何かが

何かの気が変わった感じ


あくまでも、感じ


そして、新月は事始め

何かを始める、何かが始まる時


色々な感覚を磨いて

感性を豊かにして

自由に生きる


お釈迦様の話を振られたり

100才のおばぁさんが

亡くなった時に

絵本の「おばぁちゃんがいなくなっても」

という絵本を何気に読み返してたり


偶然なのだろうが

その偶然が必然


自分を信じて

自分を変えると生きろ


全てが、自己選択で、自己責任


ありがたいよね

この教え

この考え方


人は人

自分は自分


結局、人は何もしてくれないのだよね

人への甘えなんて儚い夢


自分で歩む人生


お釈迦様は、言ってる

人は、苦悩のために生まれたと


いやいや、本当にそうだな


そして、概念

人に言われることを気にするな

己の道を歩め


本当にそうだよね


そんな意味不明の思考が駆け巡る

朝である


久しぶりの感動の朝日


朝日の隣の雨雲が

彩雲になる

虹になってたのだな


さぁ、幸運が雪崩のごとくやって来る


あなたの行動が

あなたの行為が

あなたの決断が


幸運を運ぶのさ


お互い様

大切な言葉だな



2017年

9月

20日

何かをやれば、何かになり、何もやらなければ、何もならない

自分の生き方とか

自分の将来とか

自分の未来とかを


思い悩んでいる人がいるが


結局、その人たちは

何かをやる

何かに挑む

何かを始めると言うことがなく


現状のままで、ウダウダと思考の世界で悩んでいる人が多い


それをやったら?

それを受けたら?

そう言う結果を先に求めるからなのだろうな


目的は目的であり

結果ではない


初めの目的は目的であっても

それをやることよっての

結果はやらなきゃわからない


そして、大切なのは

やっている間のプロセス


過程なのである

歩んでいる道

進んでいる道

やっている道


そこに、本来の意味がある


だからこそ、無駄なことはないと

言われているのだな


無駄

無理

無意味


結果を求めるとこの3つの言葉が

必ず出てきて

可能性の扉を閉める

閉めるのは自分


だから、何もやらないままに

時を過ごして

時が過ぎることに嘆く


いやいや、それが無駄だから

それが無意味だから


何かをやる勇気

何かをやる決意

何かをやる踏ん切り


やれば、何かが始まるのは確かなのだな


何かをやらなきゃ、何も変わらないのは

当然の事なのかもね


2017年

9月

19日

エリック・カールが、初めての出版した絵本見つけた

あの「はらぺこあおむし」で有名な

エリック・カールが、初めて出した絵本


何気ないところで、知って

その絵本を見たいと思ったのだが


あれ?

この本、有るよね(爆)


そう絵本塾の棚にあったのです


その題名は、「1・2・3どうぶつえんへ」と言う数の絵本


絵とか技法は変わらないが

初めて出版した絵本となると

なんとなく見る目が変わる


知育絵本的なのだが

それでも、自由な絵である


この作品から、世の中に絵本作家として

活躍し出したのか!と

思うと初めての絵本とは

なんとなく、価値があるね


エリック・カールに限らないが

同じ作家の絵本を

揃えると色々と感じるものがある


1冊では、その作家の本当のテーマとか見えなくても

何冊かを見ていると作家の心の底のテーマが見えてきたり

作家の生い立ちを知ると

その絵本の意味や意義が見えてきたり


なかなか作品とは深いものだな


テーマのない絵本は

作っただけの絵本


作っただけの絵本は弱い


強い作品の絵本は

しっかりとしたテーマが必ずある

もちろん、あからさまにわかるテーマでなく

隠しテーマ的に後から気づくようなテーマ


そこには作家の色々な思考や精神論など

作家の心があるのだろうね


何かを創作して何かを作品として作るときに

やはり、根底の心根みたいなものが

大切なのだろう


何気なく作っていても

生き方とか思考に真っ直ぐなものがあると

光るのは確かだな


難しいことはない

楽しく作ると言うだけでも、テーマなのだしね


楽しく作るが、読んだ人に楽しんでるよねと伝われば良いのである


伝わる伝わらない

作品の事でなく、作品を創作しているときの

作家の心が伝わる伝わらないと言うことかもね



2017年

9月

18日

データのミニ絵本完成

パソコンに入っていた

データ化してたミニ絵本を

製本して完成しました


改めて見てみると

本当によく考えて描いている

この課題は、絵本を作る過程での

場面設定や、場面構成

絵本特有のめくりの効果などを

最初に学ぶ課題


誰もが知っているお話を使って

絵とそういう絵本技術にだけ

集中してもらうための課題です


絵本の作り方の流れとか全体の把握も含め


それでも、個性を活かした

オリジナルな絵本になるように導きながら


良く考えてるなぁ~

自分なりの解釈や

情景の現し方がとても良い


絵は、その前の段階で

きちんと描けているから

このミニ絵本は大きな絵本にもすぐに出来る


どんなことでも、少しずつ積み上げていると

後から見ても良いものですね


絵本の絵は、描けるようになった

絵本の作り方も見えてきた


さぁ、次はオリジナルなお話で

本当の意味での自分の絵本作りです


やりだして、やっていれば

それなりに成果は出てくる


やはり、始めることが大切ですね


台風の後の

生暖かい空気の中で

そんなことを思ったのでした

2017年

9月

17日

ミニ絵本

昨日、パソコンを整理してたら

絵本通信教育の塾生のミニ絵本のデータが

目について、製本してみた


絵本通信教育のミニ絵本は、製本をして

送り届けるから

手元には、データしかないのだな


でも、やはりデータのままだと

目にしないし、他の塾生の刺激にもならないいから

製本して、飾る事にした


いやいや、久しぶりに見ると

みんな違ってみんな良いよね

絵の上手い下手なんか本当に関係ない


色々な画風で良いのだと

同じお話でも、同じ絵本はひとつもない


オリジナルが溢れてる


絵本の表紙や裏表紙も、それぞれの解釈や意味があり


単に描いていないのだと

つくづく感じたのだな


最初、何でこの絵の表紙?

と思ってたら、ラストと繋がる絵だったりする

素晴らしいよね


人は、みんな天才だ!

そして、みんな才能がある!


本業にしなくても

趣味の範囲であろうと

学んだ事は、意味があるのだろう


絵本作りの導きは、間違っていないな


専業主婦の人や

絵と関係ない仕事をしている人でも

ここまでの作品を作ってるのだからね


データにして、パソコンに眠らしていたのは、本当にもったいないことだったな


これを見た、今の塾生は

さらに、刺激を受けて

何かを感じるのだな


良いタイミングだったな


作った塾生も、きっと宝物だろうな


誰に何を言われても

動じないパワーはあるからね

大切なことだね

自分の作品に自信や誇り

そして、描いた強さ

学びながら、成長しながらも


やり遂げたと言う

自信は不動の物になるからね


そして、反省点や不足点や後悔点も見えてくる


それを補いながら

次に進むから

どんどんと絵本作りが磨かれて

良い作品が描けるのだろうね


満足や自負は大切だけど

それへの執着は駄目だと思う


常に顧みを忘れないで

それを踏まえて前に進む


一気に傑作なんて作れないのだからね


そんなことを思った

データのミニ絵本製本でした


2017年

9月

16日

湿度40%のカラカラ空気

昨日の絵本塾

室内の湿度が40%という

とても、爽やかな空気に包まれ

部屋中が、カラカラ


とても、気持ち良かった


普段は閉めている扉を開けて

空気の入れ換えをした


いやいや

湿度のない空気は

本当に気持ち良いよね


少し遠出して

散歩してきたが

秋だなぁ~

って感じの季節になってきた

この前まで、暑い暑いだったのに


こうやって季節が変わっていくのだな


神田川の鴨が

最近、鳴き声をあげるのだが

それが、ドナルドダックの声にそっくりで

笑ってしまう


アニメのドナルドダックの声のまま

あたかも、人間の言葉を話してるかのような

あの声


考えてみたらドナルドダックはアヒル

アヒルは鴨がもともとだから

鴨の鳴き声が、ドナルドダックなのもうなずけるね


白鷺も2羽、神田川にきて

絵本塾の前辺りで、餌を取っている


水に顔を突っ込んでは

パクパクしてるから

何かを捕まえて食べているのだろうな


足で水底を探りながら

逃げたした何かを食べている

水面が反射して見にくいときは

羽を広げて影を作って捕らえてる


自然とは凄いものだね


都心のど真ん中の高田馬場

その神田川なのに絵本塾の窓からそんな様子が見れる


さてさて、台風

今日から天気が悪そうだな


天気は変わるから

ありがたみがあるのだろうから


天気の変化も楽しまなきゃね


そんなことを思ったのでした。


2017年

9月

15日

ミニ絵本の上製本が完成

通塾の塾生のミニ絵本の上製本が

完成しました


中身は、前に作ってありましたが

昨日は、普通の絵本のように

上製本にしました


やはり、中身だけの時と

上製本になったときの感動は違うようです


凄く嬉しそうで

その気持ちがこちらにも伝わってきて

ありがたかったです


絵本の作り方を学ぶひとつの流れの中で

今までは、ずっと平面の絵

それが、絵本という物体になる瞬間


面倒な繰り返しの課題や

何度も描き直したダミー

それを越えて、絵本になったのですね


絵も個性的で良い


まだ、お話を自分で作る前の段階でだから

お話は、既存の話ですが

まぎれもなく世界で1冊の絵本です


次の課題に入りながらも

見返しの紙に絵を描く

さらに、自分の絵本に仕上げていました


いやいや、嬉しい限りですね

塾生が嬉しそうにしてたり、楽しそうにしているのが

何より、励みになります


楽しいこと

楽なことばかりでないのが

絵本創作の世界

でも、その結果として作品が生まれる


どれだけ、苦労したかで

その絵本への愛着がわくのですね


でも、立ち止まっていれないのです

もう、次の課題を持ち帰りました(笑)


さぁ、ファイトだぜ




2017年

9月

14日

なんと、絵本塾のホームページミスすった

なんとなく、昨日

思いつきで絵本塾のホームページを

いじっていたら

まったくもう!

ミスして、ブログ記事が100も

メインページに掲載された(爆)

重すぎて、動かなくなるし

変更できないし


いやいや、大変でしたが

なんとか、さっき直せました


昨日は、デザイナーさんが

絵本塾に遊びに来てくれて


ワインを3本届けたかと思ったら

用事を済ませに消えて


戻ってきたときには

てんこ盛りのお寿司を持ってきてくれた


このデザイナーさん

生魚が食べれないから

寿司は食べれない(爆)

かっぱ巻きとか納豆巻き専門なのに!


だから、てんこ盛りのお寿司は

僕が食べました


そう言えば、おつまみを買ってくるでなく

貢ぎ物を買ってくると言ってたから

僕のために買ってきてくれたのだな(笑)


感謝だね

ありがたい



ワインを3本飲んだから

あんまり、お寿司の味を…味わえない感じだったな


いやいや、3人前でも寿司は食べれるものね


色んな話をして

クリエーターとは?とか

0から生み出せる才能とか

楽しい話題


刺激になるプロデザイナーの話で

さらに、楽しかったな


沢山の現役・現場の情報を得れて

良かったな


人と語るのは幸せなことだね


そして、気軽に寄ってくれるのもありがたい

そんなホームページのハプニングと

楽しい飲み会の話でした

2017年

9月

14日

デザイナーがやって来た

2017年

9月

14日

デザイナーがやって来た

2017年

9月

13日

虹だよ、虹が出てるよ

昨日の夕方に

関東地方に大きな虹が出たようだ

残念ながら、僕は見れなかったが

色々な人から

虹だよって動画や画像付きで知らせが来た


なんとも、幸せなことだよね


満月がきれいだよ

夕日がきれいだよとか

星がきれいだとか


自然の美しい場面に遭遇すると

連絡がくる


慌てと、外に見に行ったりして

一緒に感動したりして


そういう仲間がいることは

ありがたいし

感謝だね


感じる心は大切だ

どんな事でも心を動かすことは大切だ


先生は、仙人?と

よく言われるが


ある意味、あるがままに生きているからかもな


まぁ、霞を食べては生きれないけどな


玉ねぎが食べたくて

買いに行ったら

ちょうど、安くなってて

飴色になるまで炒めて

甘くして食べた

塩とコショウの単純な味付けだけど

その塩が美味しい塩なのだな


観葉植物もぐんぐん伸びてるし

お魚も育ってる

人も育ってる


さぁ、どんどん

前に進もう!


歩むのは自分だからね

ファイトだぜ!


そんな事を思った今日の朝


2017年

9月

12日

学ぶ事を知る事、経験する事とすると範囲が広がる

どんなことでも

学ぶことを

学ぶ目的だけにすると

範囲が狭くなり

そして、到達するのが難しくなる

目的が1点になるから

1点がズレてくると

意欲というものが失せるものだろう


学ぶ事を知る事、経験する事と思うと

次に次にと

前向きに進める

つまずいても、前に進めるのかもしれない


実際に、そうやって

学ぶ範囲を広げると

知る事や経験する事が強くなり

めげないのかもしれない


本気に学ぶとか

真剣に学ぶとかは


意気込みであり


やってみなきゃわからない時点での覚悟でしかない

何でも、やってみなきゃわからないもの


本気とか真剣にと言う言葉は

実は、単なる言い訳なのかもしれないな


やってみたい

やりたい 


そんな心持ちだけで良いのかもしれない


やってみて駄目なのは駄目だし

面白いものは面白い

でも、それはやったからわかること

やらなきゃ、わからない


ただ、大切なのは

途中でやめない

とりあえずは、最後までやり遂げるという

意思

どんなことも、最後までやって

何かが見えるもの

完結して、何かがあるのは全てに共通なのかもしれないな


人には、チャンスを自分で潰して生きている人と思ったことを何でも挑戦して生きている人がいる


それをやって、その道で成り立たなくても

それをやり遂げた事は、意義のあるものになる


経験したのだからね


経験値に勝るものは無いのである


人は、生まれたときに

「勇気」というものを授かって生まれ

その勇気で未知の世界を歩く

たとえ、親の庇護の中でも、勇気を出さなきゃならない時がある

そして、その勇気が経験値になり

育ち、大人の道を歩いていくのだな


なんになる?

本気?

真剣?


その言葉の影に

打算や無意味や無理と言う心があるのかもしれない


お金を使うから

真剣に…でなく

楽しまなきゃ~が正解なのかもな


そして、楽しむ楽しまないは

相手でなく本人の問題


楽しくやれば、どんな事も楽しくなるのだろう


心は自分で決められるのだからね


なんとなく

ずっと変わらない生き方

してませんか?


そんなことを思う本日なり



2017年

9月

11日

9.11に絵本でも思うこと

今日は、9.11

忘れられない日である

アメリカの事件だけど

色々なところに影響が出たのですね


僕の好きな映画のひとつに

マトリックスと言う映画が有るのだが

そこに出ていた預言者の女優が巻き込まれて亡くなり

その後のマトリックスの脚本や展開を

変えざるえなかった

やはり、繋がりや流れが説明ぽくて

不自然でもある


ニューヨークの消火栓がこの事件で駄目になり、火事の消火の水が出ない


そこで、海上から

消防挺で水を組み上げて消火した

そんな話の絵本を先日見つけた

こうやって、歴史は残るのだな


テロの事でなく


活躍した古い消防挺が、古くなったので解体されて破棄されそうなのを

とあるお店のお客たちのボランティアで

救われて

その救われた消防挺がボランティア達とともに、人をまた救ったという話


メインは、古い消防挺だけど、

この絵本を読むと9.11を忘れれないね


文化とは、歴史とは違う

後世への伝え事になるのだね


大切なことだ


かわいそうなぞう

ひろしまのピカ


そういう絵本も隠れたロングセラー

大切にしたい絵本だね


色んな絵本があり

色んな事を子供に後世へ伝えていくのだな


やはり、ロングセラーはすごいのである


狙っては、作れない

まさに名作がロングセラー。


絵本作家の作り手は、狙えないが

目指せロングセラーなのである


志しは、作品に現れますからね


そんなことを思った本日でした。


2017年

9月

10日

大人の塗り絵は、痴ほう症防止になるらしい

一時、流行った

大人の塗り絵

流行りのもとは、痴ほう症に効果あり的な話題から

そして、茂木健一郎さんの

脳科学の本を沢山読んでいたら


別に、塗り絵である必要性はなく

脳に何の刺激もなく

過ごしている事が悪いらしい


とにかく

頭を使う→脳みそを使う

プラス身体を使うのが良いらしい


指先の裁縫をしている人が

昔から、ボケないのは有名


でもね

針仕事は、目がね…

老眼と言うものも来るから

技術も必要だしね


色鉛筆があれば

塗れる大人の塗り絵は、良いのかもね


絵本の世界でも

老人になってから個展をやりの

絵本を作って絵歩作家になった有名なおばぁちゃんがいるが


その人の絵は、本当に自分の絵なのだな

写実系だけど、描ける範囲の写実で

丁寧に丁寧に

誤魔化さないで描いてある


キャラクターを狙うわけでもなく

ヒットを狙うわけでもなく


ただ、自分の描ける範囲の絵を

丹念に描いて絵が出来て

それをまとめた画集が絵本になってるのだな


なかなか、簡単のようで中々出来ない

誰もが出来そうなのに

中々、やれない事って沢山あり

それをやるから光るのだろう


絵本を作るとか考えると

大変そうだけど

絵日記と考えたり

季節の変わりを描いたり

1年の流れを描いたり

出来事に注目して描いたり


そう考えると意外と簡単に作れるのだな


頭も使う→手も使う→絵本作りも痴ほう症防止になるのだね


自分の世界観

これを表現できたら

無理していないから

描き続けられる


無理は、皺寄せが必ず来るから

無理しないで

無理しないで描くのに魅力のある世界観の絵って素敵だよね


無理しないとは

背伸びしないと言うことで

時間や労力の事ではないのですね

まぁ、無理なく描いていたら

無理でないから時間や労力は苦にはならない

楽しくあっという間に過ごすのだろうな


それが、本当の意味での絵の描きかたかも知れませんね


絵本作りに歳も経験も関係ないと言うことです


さぁ、始めよう絵本作りなのですよ


やることが、毎日あるのは

幸せなことですしね




2017年

9月

09日

太陽フレア到達

数日前に太陽の表面の炎で

いつもより大きな爆発があり

それを太陽フレアと言うらしいが


今まで、気にしなかったが

今回は、なんとなく気になった


昨日の昼頃から

その爆発の影響が地球に到達する

爆発の時の電磁波とか、微粒子とか

その他、色々なものが到達し出したらしい


偶然と言えば偶然かもしれないが

タイミング的に、地球規模で地震が発生した


科学的にも、微粒子が観測されたり

とある国では、ロケットの打ち上げをやめたとか(通信機能に支障が出やすいフレアの電磁波だから)


前々回、専門家でも

詳しくもないが

色々と影響が出てるのかもね


地球は、太陽に依存して

太陽任せに成り立っている星だから

太陽の影響は、もろに被るのだね


神の信仰とかに

太陽神があるのも、とても納得できるね

自然への崇め

大切だよね


で、今日

朝日を撮ったが

なんとなく、大きくパワーの溢れている

太陽に感じれた

悪い影響は、マイナスとしても

マイナスがあるからプラスもある


だから、プラスのパワーも感じたのかもな


あくまでも、感じると言う

個人の感性の話ですけどね


自分の感じることを信じて

それを大切にする

感性豊に過ごす事が個を生きる事かもね


さぁ、今日も楽しく過ごそう!


そんな事を思った朝です。


パワーの太陽は、ab-絵本創作塾のfb に載せますね

よろしくです。




2017年

9月

08日

あらあら、外土は大変や

絵本塾には、観葉植物が沢山あるのだけど

最近、1つの鉢から

なんとまぁ~、キノコが出てくる(爆)

まぁ、食べれはしないけど

一晩で一気に大きくなり

びっくりです。


別に絵本塾がジメジメしているわけでなく

思い出したら

この鉢の土は

外土なのですね

他のは消毒?されてる土なのですが

この土は、花壇の土なのです


だから、菌があるのでしょうね

この鉢からしか出ないので(爆)


毎朝、手入れをしてるから

菌を放出する前に取りますけどね

笠が開いたら危ない

笠が開かないうちに取らないと(爆)


でも、それだけ栄養のある土なのでしょう

でも、外土は怖いなぁ~と

思ったのでした。


魚の稚魚もこの涼しさで

死ななくなった


やはり、適温と言うものが

それぞれにあるのですね


寒くなる前に、ある程度大きくなってくれないと不安ですけどね


ファイトだぜ、稚魚!

なのである


2017年

9月

07日

定番はロングセラー、ロングセラーは安心

スーパーに買い物に行ったら

新発売のカップラーメンを見つけた

こういうのに弱いのだな

本当は、普通のノーマルの奴を食べたいと思ってたのに

新しいのを買ってしまった


新しいのは

自分的に旨いか旨くないかは

食べてみないとわからないから

ある意味、冒険だよね


そして、食べてみたら

自分的には…イマイチ

はぁ…ノーマルのいつものにしとけば良かったと反省(爆)


でも、これって

食べてみないとわからないことなんだよね


それが、経験

1度食べたら、味を知るから

もう、買わなきゃ良い

どんな味だろうかとか思案するより

食べたら明確にわかる


たまに、大当たりの新発売のものもある

そして、いつしかそういうものが

定番になり、ロングセラーになる

安定の味になるのだな


最近、そういう商品が少ないな

目先だけの一時だけのものが溢れてる感じだな


今、何気なく定番のものって

相当、前のもの

最近、定番になったものって?

思いつかないな


そして、復刻とかで

昔の物が出てきている


懐かしの変わらない味も良いよね


経験は大切

ロングセラーの安心の定番も大切


最初から、今を狙うのでなく

定番、ロングセラー、安心なものを

目指して、作る事も大切なのかもね


実は、新発売を二種類買ったから

もうひとつが、美味しいと良いな!


今日、食べてみようかな~

期待と不安の楽しさなのである



2017年

9月

06日

1時間だけ、絵本塾に飲みに行って良いですか~

昨日は、夕方に

突然、そんなメール

良いですよ~とお返事したら


会社帰りに寄ってくれました


手には、缶ビールの入ったビニール袋

6缶(爆)


1時間って言ったよね(笑)


いやいや、楽しい一時

おつまみも焼売かぶりで

焼売三昧


結局、二時間に延長になりましたけどね(爆)


絵本塾名物のトンみくじも引いてくれて

読んで、良くできてると言ってくれました。


こういうのも、良いやね


予定を組んで来てくれるのも良いが

思いつきで来てくれるのも

ありがたい


沢山、ビールも飲めたし

話も沢山出来たから


お互いに解放の時でした


さぁ、今日も楽しく過ごそう!

楽しく過ごしていたら

幸運が勝手にやって来るのだからね


よろしくです!


2017年

9月

05日

生まれて初めての手作り絵本

昨日は、通塾の塾生の一人が

生まれて初めての手作り絵本を完成させた  

絵なんて描いたことのない人が

絵を学び

画材を学び

絵本の絵を学び

作った初めての絵本


1枚の紙の絵から

絵本という形に変わる瞬間


いやいや、嬉しそうだったな

自分の絵で作られた絵本だからね


僕は、製本作業に慣れているから

あんまり、意識しないが

やはり、初めての絵本って

相当に感じるものがあるのだね

塾生を見ていて

そんな思いがよみがえった


継続して、積み上げた結果ですね

なかなか、良い絵本になったし

絵の魅力も良いものになってる


また、階段をポンと上がった感じだね


今回は、お話は既存のお話だけど

それでも、世界で1冊の絵本なのである


次は、絵も文もオリジナルの

本当の意味での自分の絵本を作る段階だね


楽しみだな

1から1から伝えてきてることが

身になり

1で3ぐらい通じるようになってきた


カッターとか、定規とか

使えなかったのにね(笑)


この成果を励みに

また、前に進んで行こう!


嬉しい瞬間の

初めての手作り絵本の完成の日でした

2017年

9月

04日

絵本基礎画力のコースの課題は、情緒安定になるらしい

とある人に言われたことなのだが

通信教育の絵本基礎画力ののコースの課題は

作業的な、調べて描く事が多いのだが

それが、没頭する、集中することに繋がるから

人の情緒安定に繋がるのだと


子供の頃に

没頭したり、集中して

自己の世界で遊ぶことが

その子の成長の精神安定、情緒安定に繋がるのは知っていたが


そういう意味では、確かにそうかもな


子供だけでなく

大人にも大切な時間なのだな


やらされているのでなく


時間があるからやろーとか

暇だからやろーとか

時間潰し的な事でも


やることがある

することがあるのって


余計なことを考えないから

本当に、そういう意味では

的を得ているのかもな


楽しくやるかやらないかは

本人次第だけど


通信教育のメリットはそこにもある

やれるときにやって

出来たら送る

次の課題画届く



意識しないでも

前に進めるのだからね


無駄とか

無意味とか

もったいないとか


そう考えて、結局なにもしないで

悶々と同じ心の場所で居るより


やってみる事が良いよね


無駄とか

無意味とか

もったいないとかは

自分で、そう考えたときに

そうなるので


やるという経験値を積み上げる事は

本当は、意義のあることであり


ましてや、ここを覗いてこのブログを読んでいることも


何かが、あるのかもだよね


そういう巡り合わせや偶然が

理由なく有るわけでなく


全てが、必然なのだろうからね


とある人とは、一応、その道のプロの人です。


2017年

9月

03日

急に、卵を産み出した

絵本塾で飼っている

ゼブラと言う魚


夏前に卵を産んでいたが

夏は産まなくなり


この涼しい頃に

急に産み出した?


いやいや、孵った魚には

難しい気温なんだけど?


でも、育つから産むのだろう?

だから、食べられる前に

一応、取って別の水槽にしているが?


なかなか、生き物は難しい


2ヶ月育っても、死んでしまうし

後、少し大きくなれば

死ぬ率も少なくなるだろうに…


自然淘汰の厳しさだね


だから、大量に産むのだな


マンボウなんて

成魚になるのは

1億分の1とか言われるぐらいだからね


まぁ、海面にプカプカ浮かんで

クラゲを食べて生きているのだけどね


さぁ、今日の朝日は

エネルギーに満ちている朝日だったから


今日も、楽しいことが有りそうだな!


することとか

楽しいこととか


それは、自分で見つけることなんだよね


人に依存していると

予定がないとつまらない日々となり

スケジュール帳を予定で埋めていないと

不安になる人もいるらしい


そんな予定でがんじがらめの日々は

僕は、嫌なのだな


さぁ、休日だ!

絵本塾の通信教育の課題をやろー!


そういう、やることがあるのも

ひょっとしたら、とても幸せなことかもね(爆)



ab-絵本塾教室風景の画像
ab-絵本教室(高田馬場)

〒171-0033

東京都豊島区高田3-10-18

東ビル203号室

ab-絵本創作塾


絵本棚が増えた画像
絵本棚がどんどん増えています。
ab-絵本創作塾 授業風景(画材授業透明水彩)
授業風景(画材授業透明水彩)
創作絵本コースの絵本塾授業風景の画像
創作絵本コース作品
1冊の絵本を創作してみるコース授業
絵本制作風景
ab-絵本創作塾コース授業風景
パステル体験

当サイト内に掲載されている、全てのイラスト・写真・文章の無断転載、転用を禁止します。

copyright ©ab-sousaku

all rights reserved.