幼児にシール

前にも書いたが

指は、第二の脳と言われるほどに

感覚の神経がある

 

 

物凄い精巧な、金属加工とかでも

職人の指先の感覚で加工出来る

それは、コンピューターでも無理の範囲らしい

 

指で撫で

指で触れ

 

感知して加工する

 

それだけの部分だから

脳への刺激もとてもある

 

編み物とか、刺繍がボケに良いとか言われるのはその為?

 

子どもの時に指をつかわせると

脳の発達にとても良いらしい

 

もっとも身近なものとしてシール

摘むって事が出来るようになったら

シールを与えると良い

シールも色々な大きさがあり

子どもの成長に従って

与えると良い

剥がし難いシールを指で一生懸命剥がそうとしてる子どもの脳は

相当に回転してる

無意識に回転してるらしい

 

剥がして貼る

それだけで、脳の刺激が凄いらしい

見てるとどんどん剥がすのが上手くなったり

剥がすのに工夫したりしてる

 

そして、貼るのも

ただ、貼ってるだけだったのが

 

種類ごと、形ごと、色ごととか

話を作りながら・・・貼ったりと

 

考える力もつく

だから、どんどんシールを与えよう

 

 

そして、どんな年代でも

指を使うようにすると良い

特に男はね・・・

 

女性は、日常の料理とか家事で

以外と手・・・指を使ってるけど

男は、ほとんど使わない

意識して使わないと・・・脳が退化しちゃうぞ

 

だから、頑固オヤジが多くなるのかな?

 

そんな事を思った今日でした。

ab-絵本塾教室風景の画像
ab-絵本教室(高田馬場)

〒171-0033

東京都豊島区高田3-10-18

東ビル203号室

ab-絵本創作塾


絵本棚が増えた画像
絵本棚がどんどん増えています。
ab-絵本創作塾 授業風景(画材授業透明水彩)
授業風景(画材授業透明水彩)
創作絵本コースの絵本塾授業風景の画像
創作絵本コース作品
1冊の絵本を創作してみるコース授業
絵本制作風景
ab-絵本創作塾コース授業風景
パステル体験

当サイト内に掲載されている、全てのイラスト・写真・文章の無断転載、転用を禁止します。

copyright ©ab-sousaku

all rights reserved.