考えていた絵本の絵

絵本の絵ってなんだろうと

考えていて

ちょっとした事で

なんとなく、見えた気がする

それは、幼児の絵画の中にあるものであった

 

幼児は、絵の技術もなく、表現力もない

それでも、絵を描くのが好き

それでも、一生懸命に何かを伝えようと絵を描く

 

いわゆる心なのである

 

「心の絵」

 

心に伝わる絵・・・それが、絵本の絵なのかもしれない

そして、その絵は、相当に心の強い人じゃないと

人に見せれないものである事もわかった

 

自分に対しての自信

それは、ちゃんと裏付けのある自信であり

自分が納得している絵である事が必要

 

人の賛同を得て

はじめて、自信というものは生まれる

自分を伸ばすには、そう言う人が必要不可欠なんだよね

 

信頼出来るアドバイザーが、作家を育てる

 

ab-絵本塾教室風景の画像
ab-絵本教室(高田馬場)

〒171-0033

東京都豊島区高田3-10-18

東ビル203号室

ab-絵本創作塾


絵本棚が増えた画像
絵本棚がどんどん増えています。
ab-絵本創作塾 授業風景(画材授業透明水彩)
授業風景(画材授業透明水彩)
創作絵本コースの絵本塾授業風景の画像
創作絵本コース作品
1冊の絵本を創作してみるコース授業
絵本制作風景
ab-絵本創作塾コース授業風景
パステル体験

当サイト内に掲載されている、全てのイラスト・写真・文章の無断転載、転用を禁止します。

copyright ©ab-sousaku

all rights reserved.