古本屋

今日は、古本屋に行った

ブックオフ

いつも行く店は、絵本の棚がちょっと大きい

 

順番に見ていくと

100円であるある

知ってても、持ってない絵本もあるし

結局、9冊買った

 

リトグラフという版画で原画をおこしてる絵本が

一番欲しかったのに

色々あると・・・つい買ってしまう

 

でも、こういうのが重版にならない事なんだよね

ん〜、作家に印税は入らないかぁ・・・

 

昔は、子どもの本としての絵本は古本にならない時代だったのに

今は、新古で出版社が出してる感じだね

新しいし、折り込みまで入ったまま・・・

 

とりあえず、1冊分の料金で

9冊買えたから良いかぁ〜

 

しかし、絵本・・・高すぎる

どう考えても、子どもの本の値段じゃないよね

 

売れない→値上げして、一冊のマージンを高める→価格が高くなる→更に売れない・・・。

 

児童書の不況時に業界では、暗黙の了解だった1000円を越えない値段

それが、一冊の絵本が越えて1200円にして売り出した

その時は、ちょうど消費税の導入時

今まで、980円だった絵本が・・・1000円を越えた

それからだよね・・・あっという間にこんなに高くなった

 

悪循環だよね

まったく・・・

 

絵本=上製本の考えを改めれば良いのに

ペーパーバックで良いのになぁ〜

残るものだけ、上製にすれば良い

 

このやり方は、絵本ブームの始まりの時のやり方

それで、良いのになぁ〜

 

と、値段の高い絵本に思ったよ

 

ab-絵本塾教室風景の画像
ab-絵本教室(高田馬場)

〒171-0033

東京都豊島区高田3-10-18

東ビル203号室

ab-絵本創作塾


絵本棚が増えた画像
絵本棚がどんどん増えています。
ab-絵本創作塾 授業風景(画材授業透明水彩)
授業風景(画材授業透明水彩)
創作絵本コースの絵本塾授業風景の画像
創作絵本コース作品
1冊の絵本を創作してみるコース授業
絵本制作風景
ab-絵本創作塾コース授業風景
パステル体験

当サイト内に掲載されている、全てのイラスト・写真・文章の無断転載、転用を禁止します。

copyright ©ab-sousaku

all rights reserved.