とある芸術家との会話

ニ週間ぐらい前に

とある芸術家と話をした事が

今・・・理解出来た

ちよっと変わった絵を描く人で

ひょっんな事から、話をして


個性について・・・


その人は「人が駄目だと言う所に個性がある」

と主張・・・


人が駄目・・・

それは、何かと比べて駄目

それが、何かと比べて良いなら・・・

それは、基準とする何かがある


その基準に合わないから

駄目なのである


ただし、やり尽くさなきゃ駄目

やり尽くして、人が誉めたり、認めたりした部分を捨てていく

そうすると・・・結果として駄目が残る

残った駄目にこそ、個性がある


今、その会話を振り返って

納得


「ただし」の部分が重要


それなりのレベルになってからって事だ


個性の個性ともてはやされ

低いレベルで個性を主張している今の世の中


そうじゃなく・・・「やり尽くして」

レベルを上げてからの個性が大切なのだ


そして、もうひとつ

それは、自分で気づかないと・・・伸ばせない

この部分は、会話中に同感したんだ


何気ない話の中で、良い事を聞いたものだ

ありがたいなぁ〜

ab-絵本塾教室風景の画像
ab-絵本教室(高田馬場)

〒171-0033

東京都豊島区高田3-10-18

東ビル203号室

ab-絵本創作塾


絵本棚が増えた画像
絵本棚がどんどん増えています。
ab-絵本創作塾 授業風景(画材授業透明水彩)
授業風景(画材授業透明水彩)
創作絵本コースの絵本塾授業風景の画像
創作絵本コース作品
1冊の絵本を創作してみるコース授業
絵本制作風景
ab-絵本創作塾コース授業風景
パステル体験

当サイト内に掲載されている、全てのイラスト・写真・文章の無断転載、転用を禁止します。

copyright ©ab-sousaku

all rights reserved.