絵本作家のぶみくん

絵本作家のぶみくんの

新刊が今年もぞくぞくと出版されている

去年、下書きやダミーを見ていた絵本が

本になって出版

6月1日には、「おばかおおかみママになる」と言う

絵本が、販売になる

これは、面白いんだ

まだ、下書きの段階で完成系は見ていなかったけど

下書きでも、とても面白かった

本人曰く、完成したものは、さらに良くなったとの事


なんとなく、楽しみだ


是非、買ってみよう


のぶみくんが、絵本作家を目指すきっかけも

デビューの時も知っている

そして、17年たった今も繋がっていれる事は

きっと、何かがあるのだろう


当時の彼ではなく

もう、立派な絵本作家

そして、いつもいつも考えに考え

絵本を作っている


絵は・・・いわゆる下手です

お話しは・・・奇抜です



魅力がある

世界観が生まれて来ている

テーマがしっかりしている


絵本の絵の命は、世界観

美術の技術ではありません


どれだけ、世界観を作り上げるか


そういう意味では、とても面白い作家です


これから、どんどん伸びて

おそらく、日本の絵本界を代表する作家になるでしょう

なぜなら、本当に絵本を描く事が好きだから

絵本しか描けないから


そういう人は、残るのです


天才なんて居ないのです

天才は、まわりの人が言う言葉


アインシュタインでさえも

「自分には物理しかないから、物理にしがみついて生きていただけ」

そんな言葉を残している


天才とは、決断した人

「これだ!」・・・と決めてブレないで生きていく人


彼も、描きながら変わっていって成長している

きっと・・・いつか世界に飛び出るかも知れない


そんな期待を持ってしまう絵本作家のぶみくん


是非、彼の絵本を読んでみて下さい

良いものもあれば、イマイチもあるかも知れない

でも、何かが違う絵本でもあるのです。



コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    ガーディ ブルー (火曜日, 06 3月 2018 17:42)

    自己愛人格で虚言癖、こんな人の作る作品が世に出るなんて、しかも子供達の目に触れるなんて。彼がしがみついているものは、絵本ではなく、お金と、彼の病的な承認欲求を満たしてくれる共依存の人達。ブレない?いえ、彼には軸すらない、空洞化した中身を他者に埋めて欲しいだけ。そんなおぞましい目的に、絵本という子供達のための大切なツールを利用しないで欲しいです。

ab-絵本塾教室風景の画像
ab-絵本教室(高田馬場)

〒171-0033

東京都豊島区高田3-10-18

東ビル203号室

ab-絵本創作塾


絵本棚が増えた画像
絵本棚がどんどん増えています。
ab-絵本創作塾 授業風景(画材授業透明水彩)
授業風景(画材授業透明水彩)
創作絵本コースの絵本塾授業風景の画像
創作絵本コース作品
1冊の絵本を創作してみるコース授業
絵本制作風景
ab-絵本創作塾コース授業風景
パステル体験

当サイト内に掲載されている、全てのイラスト・写真・文章の無断転載、転用を禁止します。

copyright ©ab-sousaku

all rights reserved.