プロ中のプロ

某新聞社系列の子会社が

東京のプロを認定して

アピールする云々の電話とメールがあり

登録には、審査とおそらく登録料がかかる

はてさて・・・何を審査するやら

はてさて・・・料金を払ったらプロ認定?

 

たんなる新聞社の名を笠にきた

広告会社なのだろう

 

なんだかね

もっともらしい事をいいながらも

商売しているのは偽だね

 

申し訳ないけど

審査されるレベルではない

頭を下げて登録を願われるレベルである

 

全国で、絵本作りの教育で30年の実績のある人が他にいるの?

そういうレベルなのだけどな・・・

 

まぁ、関係ないけど

こういうところが認定すると

プロじゃなくても、プロになるね

 

まぁ、プロと言うものは自覚の問題だから

良いのだけど

 

本物に対しては自分がお金払って登録を依頼しろという感じだね

 

商売全面で、建前だけ立派なのは駄目だ

それも、新聞社という情報の権力を振りかざしては

もっと、駄目だね

 

まぁ、良いけど

電話は、止めて欲しいよね

関係ない所からの電話って

無駄な時間を使う

 

電話が、ある意味暴力である事を自覚して欲しいものだな

 

自分の時間の価値と、人の時間の価値は違うのだよ

昨今、メールの時代 電話の時代ではないよね

 

そういう意識からも、営業である事がわかるよね

 

と今日は苦言だな

 

 

ab-絵本塾教室風景の画像
ab-絵本教室(高田馬場)

〒171-0033

東京都豊島区高田3-10-18

東ビル203号室

ab-絵本創作塾


絵本棚が増えた画像
絵本棚がどんどん増えています。
ab-絵本創作塾 授業風景(画材授業透明水彩)
授業風景(画材授業透明水彩)
創作絵本コースの絵本塾授業風景の画像
創作絵本コース作品
1冊の絵本を創作してみるコース授業
絵本制作風景
ab-絵本創作塾コース授業風景
パステル体験

当サイト内に掲載されている、全てのイラスト・写真・文章の無断転載、転用を禁止します。

copyright ©ab-sousaku

all rights reserved.