居心地の良い空間は、オーラの合う空間

台風の間の晴れ間のような

良い天気の昨日でした

さすがに、天気が良いと

暑くなりますね

そんな、晴れの日に

前の教え子が絵本塾に遊びに来てくれました

色々

色々と話しているうちに

5時間半…

「居心地の良い空間をありがとうございます」

そんな台詞を残して帰っていった

 

居心地が良い…

 

前にも書いたけど

絵本塾は、僕の手作り空間

僕の感性で作られている

 

最近は、東西南北の守りとして

壁に四神が描かれている

(僕が描いたのだけどね)

そんな壁まで、僕の感性(笑)

 

そこに来て

居心地が良いと感じて

長居をしてくれるのは

感性が似てるのだろうな

感性が似ているとはオーラ(雰囲気)が

合うのだろう

 

良くオーラのある人とか

言うけど

オーラとは、早く言えば雰囲気のことだな

特別なことではない

みんなが、それぞれに雰囲気を持っているから

みんながオーラを持っていると言うこと

 

時々、人をオーラがあるとか無いとか

判断して言う人がいるが

そういう人は、本当のオーラが見えてなくて

自分にとって…損得で判断して

得があればオーラがあり

得が無ければオーラが無いとか言ってるだけ

 

雰囲気が有れば

オーラは有るのだな

 

過去に最高11時間居た人も居たな(爆)

 

それでも、自分の世界観を現した空間を

居心地が良いとか

癒し空間とか

なごむ空間とか

言われるとありがたいよね

 

そんなに長くいても

僕が、疲れないから

逆に相手も疲れないのだろう

 

逆に合わない人には

合わないから長居はしない

 

それで良いのだと思う

感性が似てなきゃ話が通じない

 

ここは導く場だから何かしらの相性が必要

相性が悪いなら信頼関係が成り立たない

信頼関係が成り立たないなら

言葉の真意が伝わらない

 

そうなれば、導けない

 

人とは、良く出来ているものだ

 

そのオーラ・雰囲気が

魅力であり毒にもなる

 

作品と同じだな

毒のある作品は否定もされるが

大ファンも生まれる

当たり障りのない

みんなに好かれるような

作品では、なかなか前に出れない

 

特徴のある

毒のある

好き嫌いのでる作品こそが

本当の作品

 

だとすると

この僕の絵本塾の空間は

僕の作品

 

必ず、売れるのだな(笑)

もうじき、入りたくても入れない

順番待ちの絵本塾になるのだな

 

今が、チャンスかもね(笑)

 

こういうノー天気な思考が大切

全てが良いようになる

 

そんなことを思わせてくれた

昨日の教え子の訪問でした

 

ありがたいことだ

ab-絵本塾教室風景の画像
ab-絵本教室(高田馬場)

〒171-0033

東京都豊島区高田3-10-18

東ビル203号室

ab-絵本創作塾


絵本棚が増えた画像
絵本棚がどんどん増えています。
ab-絵本創作塾 授業風景(画材授業透明水彩)
授業風景(画材授業透明水彩)
創作絵本コースの絵本塾授業風景の画像
創作絵本コース作品
1冊の絵本を創作してみるコース授業
絵本制作風景
ab-絵本創作塾コース授業風景
パステル体験

当サイト内に掲載されている、全てのイラスト・写真・文章の無断転載、転用を禁止します。

copyright ©ab-sousaku

all rights reserved.