辻褄

いやいや、さむくなってきた

とうとう、エアコンの暖房を入れたよ

朝晩…寒いからね

これで、紅葉が進むね

そして、暖房を入れると

室内の観葉食物が気になる

意図的に寒暖が出来るからね

 

ひとつの鉢が萎れかけて

あらあらと

水を差したら、復活してくれた

ギリギリのセーフだったな

もう少し、遅かったら…

生き物は繊細だな

 

さてさて、昔から辻褄が合う、合わない

と言う言葉があるが

もともとは、和裁

着物を仕立てる時の言葉

辻とは、道、筋

時代劇の辻切りと言う

道で待ち伏せして切る事にも使われている

 

褄は、着物の袂の両端

 

針で縫っていく運針の事が辻かな

運針が乱れて皺が寄ったりしてくると

乱れたときに直せば、少しのやり直しですむ

ところが、乱れてるのに放置して

進んでいくと皺寄せにより

褄が合わなくなる

 

それを人生に例えた言葉

 

筋が通らない生き方を辻褄が合わない

少しのズレなら最後で合わせれる

それが、辻褄を合わせるかな?

 

でも、どんなに合わせても皺は寄る

 

思考の世界で読み取れば

一目瞭然の不具合

 

筋道が通り

最後もピッタリと合うような生き方を

和裁に例えたのだな

 

どんなことも

常に顧みて、正していく

そして、褄がきれいに合う生き方を

しなさいと言うことかな?

 

嘘や偽りや誤魔化しは

人生の皺として、ちゃんと現れるぞ

ですね

 

そんな事を思った「辻褄」の自己解釈でした

ab-絵本塾教室風景の画像
ab-絵本教室(高田馬場)

〒171-0033

東京都豊島区高田3-10-18

東ビル203号室

ab-絵本創作塾


絵本棚が増えた画像
絵本棚がどんどん増えています。
ab-絵本創作塾 授業風景(画材授業透明水彩)
授業風景(画材授業透明水彩)
創作絵本コースの絵本塾授業風景の画像
創作絵本コース作品
1冊の絵本を創作してみるコース授業
絵本制作風景
ab-絵本創作塾コース授業風景
パステル体験

当サイト内に掲載されている、全てのイラスト・写真・文章の無断転載、転用を禁止します。

copyright ©ab-sousaku

all rights reserved.