絵本通信教育の課題を細かく添削しない理由

絵本通信教育での提出された課題を

細かく添削しない理由がある


それは、押し付けにならないように

感じる事や眼の違いで

気づくことは沢山あっても

それを細かく指摘したら

僕の絵になるよね


それは、押し付けと言う事なのだな

感性や表現が違う個の作品に

細かく指摘したら

個が消えてしまうからね


冷静に客観的に見て

大切なひとつかふたつの事は伝えるが

その他は、課題を重ねているうちに 

何気なく気づくように導く


トータルで良くなれば良いし

伝えても理解できないなら

それは、まだ生かされないからね


プロのイラストレーターの作品を添削していると良くわかる

言う前に伝えたいことが伝わる

それは、それなりの力があるからだよね


でも、最後はみんな

同じレベルになるのさ

それが、僕の力量だろうしね


課題は、僕のためでなく

お金を払って受講する塾生のため

自分でやるから意味がある


今は、習いなれしてて

手取り足取り

従っていたら良いという教えが

主力だから

僕のところの通信は古い考えなのかもな


だが、「学ぶと言うことは自ら知ろうとすること」と言った教育学者がいる

まさに、それだよね

もうかれこれ40年近い教育(人に教えて導く)仕事をしているが、僕の根本にこの言葉があるのだな


だから、伸びが違うし自立度が違う

みんな巣だって良い方向の継続をしてくれてる


今の絵本の出版業界で

50万部突破の作品を作った

教え子も居るからね

第3ダミーまで見ていた作品が

そうなっているのは

僕の自信にもなるのだな


教えや導きの確かさは

教え子が示してくれてるのだな


自ら

どんどん手を動かして描く

どんどん脳を使って考える


そこに実力というものがつくのである

やはり、凄いなab-絵本創作塾なのである


たまには、自画自賛(爆)




ab-絵本塾教室風景の画像
ab-絵本教室(高田馬場)

〒171-0033

東京都豊島区高田3-10-18

東ビル203号室

ab-絵本創作塾

※電話には、なかなか出れませんので

お問合せ・ご連絡は、下記メールボタンよりお願い致します。

絵本棚が増えた画像
絵本棚が増えました
ab-絵本創作塾 授業風景(画材授業透明水彩)
授業風景(画材授業透明水彩)
創作絵本コースの絵本塾授業風景の画像
創作絵本コース作品
1冊の絵本を創作してみるコース授業
絵本制作風景
ab-絵本創作塾コース授業風景
パステル体験

当サイト内に掲載されている、全てのイラスト・写真・文章の無断転載、転用を禁止します。

copyright ©ab-sousaku

all rights reserved.

参考絵本の溢れてる絵本塾です
参考絵本の溢れてる絵本塾です