違う画材に挑戦!

昨日は、祝日でしたが

絵本塾は、授業でした


今は、塾生のリクエストで

前にやったことをもう一度やってます


今回は、前とは違う画材に挑戦して

描くらしい

色々な画材に挑んで

やりたいようにやれば良い


あくまでも、学びの為の絵本作りですから

うまくいかなくても、良いのである

やって、経験値をあげることに無意味はない


でも、いつまでも

作業途中の経過を見ている段階は終わりだな


だから、仕上げは自分の家で

自分で完成と思うまで描いて見せてねと伝える


いつまでも、これで良いですかと

途中経過で意見を聞いていたら

一人立ちできないし

塾生の眼の高さが見えてこない


完成ですと自分で思ったものを

見せてもらったときに

相手の眼の高さが見えるからね


だんだんと作品作りについても

導いていかないとね


描くことにも

色々とあり

習作や作品と

同じように絵を描いていても

違うものだからね


ひとりで描ききって

どこまでのレベルの絵を出してくるか!


塾生に階段を昇らせないとね


導くと言うことも大変なのだな

途中で、口を出して伝えれば簡単だけど

そこをぐっと堪えて

好きにさせて、気づくか気づかないか

気づいたら、成長の証だし

気づかなかったら、気づかせてあげる


いやいや

導きも本格的で本物の絵本塾だな(笑)


近道なんてない

遠道と感じても、着実に進むことが

長い眼で見たら、近道なのだよね


近道して飛ばしても

飛ばしたものは、戻ってやらなきゃならない


それが、基礎をしっかりと作り上げる

学び事なのかもね


毎回、5時間の授業も疲れますけどね

家より絵本塾の方が集中出来て

絵が描けると言うから仕方ない(爆)

それも、塾生の個性だな




ab-絵本塾教室風景の画像
ab-絵本教室(高田馬場)

〒171-0033

東京都豊島区高田3-10-18

東ビル203号室

ab-絵本創作塾


絵本棚が増えた画像
絵本棚がどんどん増えています。
ab-絵本創作塾 授業風景(画材授業透明水彩)
授業風景(画材授業透明水彩)
創作絵本コースの絵本塾授業風景の画像
創作絵本コース作品
1冊の絵本を創作してみるコース授業
絵本制作風景
ab-絵本創作塾コース授業風景
パステル体験

当サイト内に掲載されている、全てのイラスト・写真・文章の無断転載、転用を禁止します。

copyright ©ab-sousaku

all rights reserved.