無から有を生み出すには、とにかく具体的に

ものを作り出す

無から有を生み出す


そういうときは

とにかく、具体的にしていく

実体が見えるようにしていく


それから、初めて始まるのだな


頭のなかだけの想像

頭のなかだけの空想

それでは、中々形にならない

形にならないといつまでも

ぽわ~んとしたものしか見えなくて

まとまらない


思いついたもの

それを具体的にしていく

絵本作りならお話でも絵でも良い

何かを具体的にしていくと

そこを足掛かりに

どんどんと具体的なものになっていく


最初から、かたまりのものが浮かんでなんて来ない


思いつきやアイデアを浮かぶだけ書く

その中から、あらすじを組み立てれるものを何個か作る

そして、1つにしぼって物語を作品に作り上げる


普通は、1気に浮かぶものではないし

最初から物語や作品が出来るのではないのだな


生みの苦しみ


作家や創作者が必ずぶち当たる壁


その苦しみを越えると

作品作りの楽しい作業となる


絵本の絵を描くことは

ある意味、作業なのである


作品作りとしては

楽しい部分なのである


何を作るか、どんなものを作るか

それが決まるまでが

苦しいけれども、1番大切な事なのだな


無から作るのだからね


でも、本当は誰にでも作れる

ただ、そういう脳を使ってないだけ

使えば、誰でも作れるのだよね


コースの終盤の創作の課題に苦しむ塾生を見て思う


アイデア10パターン

あらすじ4パターン

お話2パターン

作品作りに1つにしぼって、ただいま更に練り込み中


お話なんて作ったことない

お話なんて作れない


絵なんて描いたことない

絵なんて描けない


そう言っていた塾生が

ほらね、ちゃんと作り上げている

ほらね、ちゃんと絵が描けている


誰にでも、道を示せば出来るのである

そこが、ここの凄さだな(爆)

本人たちが自分自身で驚くのだから

絵がプロみたいなに描ける

お話が作れる


手前味噌ですが、本当に凄いから

独立開業してやっていけるのだな




ab-絵本塾教室風景の画像
ab-絵本教室(高田馬場)

〒171-0033

東京都豊島区高田3-10-18

東ビル203号室

ab-絵本創作塾


絵本棚が増えた画像
絵本棚がどんどん増えています。
ab-絵本創作塾 授業風景(画材授業透明水彩)
授業風景(画材授業透明水彩)
創作絵本コースの絵本塾授業風景の画像
創作絵本コース作品
1冊の絵本を創作してみるコース授業
絵本制作風景
ab-絵本創作塾コース授業風景
パステル体験

当サイト内に掲載されている、全てのイラスト・写真・文章の無断転載、転用を禁止します。

copyright ©ab-sousaku

all rights reserved.