親は親、子は子、人は人、自分は自分

親離れ

子離れ


親が親として

子を子として見れたときに

親は、子離れができ

子をひとりの人間として見れない

自分の所有物のように思ってる親

(育てたのに)と思っている親は

子を子として見れない


心配とかお前の事を考えてとか

もっともな名目で子の夢を潰す


親は親であり

親の人生でしかない


子には子の人生があり

子は自分の人生を生きていくのだ


苦労しようが

失敗しようが

それは、子の生き方


もちろん、独り立ち出来るまでは

親の責任

自立して、自分の道を歩もうと始めたなら

応援しなきゃだな


子も子

いつまでも親の脛にしがみついて

親に頼っての自立は無いと知るべきだな


子は、この世界に誕生するしないの選択は出来ない

親は子を産む産まないの選択が出きる


産んだ責任は、当然の最低義務でしかない


それを恩着せがましく

子に被せるのは、違う事


毒親とは

そういう人達だな


沢山居るのだな

気づかない毒親


こんな子に誰が育てた?

育てたのは、親の自分なのである


自己選択、自己責任

生きるのは、この二つなのだ


切り捨てるのでなく

見守る


親の字は

「木上に立って見る」と書く

まさに、見守るなのである


その距離感が大切だな


そんな事を思うのである



ab-絵本塾教室風景の画像
ab-絵本教室(高田馬場)

〒171-0033

東京都豊島区高田3-10-18

東ビル203号室

ab-絵本創作塾


絵本棚が増えた画像
絵本棚がどんどん増えています。
ab-絵本創作塾 授業風景(画材授業透明水彩)
授業風景(画材授業透明水彩)
創作絵本コースの絵本塾授業風景の画像
創作絵本コース作品
1冊の絵本を創作してみるコース授業
絵本制作風景
ab-絵本創作塾コース授業風景
パステル体験

当サイト内に掲載されている、全てのイラスト・写真・文章の無断転載、転用を禁止します。

copyright ©ab-sousaku

all rights reserved.