自分の描いたものを書いたものは宝物

たとえ、どんな作品でも

自分の描いたもの、書いたものは

宝物にしないとな


練習で描いても

思いつきで書いても

絵でも文章でも

自分から出たものは宝物にしないと…


時々、描いたり書いたものをぞんざいに扱う人を見かける


描いた絵を折り曲げたり

書いた文章をぐちゃぐちゃにしたり


それは、その程度の心で描いた、書いたりしているのだな


無から生み出した有の価値

もう、2度と出てこないかも知れないし

そこから、何かを学べるかもしれない


その時を有意義にするか

無意味にするかが出るのだな


自分ひとりならまだ良いが

人に関わって描いたり、書いたりしたものに

そういう扱いをすると

一緒に居た人の時もそうなるのかもね


その程度の心構えの人に付き合わされたかって思う


愛を持って描く

愛を持って書く


それが、愛着になり、愛情となり

作品をぞんざいに扱えなくなる


自分から生み出したものに

愛着、愛情の無い人は伸びないのは

心構えの差なのかもね


そんなことを思ったのでした




ab-絵本塾教室風景の画像
ab-絵本教室(高田馬場)

〒171-0033

東京都豊島区高田3-10-18

東ビル203号室

ab-絵本創作塾


絵本棚が増えた画像
絵本棚がどんどん増えています。
ab-絵本創作塾 授業風景(画材授業透明水彩)
授業風景(画材授業透明水彩)
創作絵本コースの絵本塾授業風景の画像
創作絵本コース作品
1冊の絵本を創作してみるコース授業
絵本制作風景
ab-絵本創作塾コース授業風景
パステル体験

当サイト内に掲載されている、全てのイラスト・写真・文章の無断転載、転用を禁止します。

copyright ©ab-sousaku

all rights reserved.