始めなきゃ、何も始まらない

何かを始めようとか

何かをやろうと

いくら、頭の中で考えていても

何年も、心に抱いていても


それは、何も始まっていない

始めるとは、行動すること

実際に動いて初めて動きだし

前に進みだす


やってます

やります


そんな言葉の裏に

実際の「形」があるのが裏付けとなる


言葉だけでは、ただの夢と希望とかになる


なんとなく始める

構えて、大事ととらえて始めると

行動が鈍くなる

「やりたいからやる」

単純で良いのかもね

やって何になる?

やってどうなる?

やって意味ある?


そんなのは、やってからの事で

最初から結果重視では、何もやれない


何もやらなきゃ、変わらないから

同じ日々

同じ年

同じ生活になる


やることは変化であり

やることは前進である


前に進むのだから

ちゃんと意味があるのだと思う


結果を約束されてるのは

逆に伸びがないと言うことかもしれない

結果と言う終点が見えるのだから

そういう捉え方も出来る


結果ぎ見えないところに

無限の可能性があり

それを目指すから

常に学び、前に進めるのだろうね


やって無駄なことはない

やって無意味なことはない


やって無駄にするのは

やって無意味にするのは

自分の思考のあり方の問題


何を求めているか?

何を期待しているか?

求めているところに問題があるのかもな


絵本作りでも

何でも、基本は楽しく幸せにやる

楽しく幸せにやっていれば幸福

幸福を得られるなら

それは、生きた時の使い方かもね


自分に自己投資するお金は

長い目で見たら

生きたお金の使い方なのかもね


生きたお金を使うと

きっと、良き人生に繋がる


そんな事を考える

春の始まり

1年の始まりを感じる

3月お雛様の日





ab-絵本塾教室風景の画像
ab-絵本教室(高田馬場)

〒171-0033

東京都豊島区高田3-10-18

東ビル203号室

ab-絵本創作塾


絵本棚が増えた画像
絵本棚がどんどん増えています。
ab-絵本創作塾 授業風景(画材授業透明水彩)
授業風景(画材授業透明水彩)
創作絵本コースの絵本塾授業風景の画像
創作絵本コース作品
1冊の絵本を創作してみるコース授業
絵本制作風景
ab-絵本創作塾コース授業風景
パステル体験

当サイト内に掲載されている、全てのイラスト・写真・文章の無断転載、転用を禁止します。

copyright ©ab-sousaku

all rights reserved.