やれなかったのでなく、やらなかった後悔

やりたいやりたいと思っていて

やれなかったと良く言うが

本当は、やれなかったのでなく

やらなかったのかもね


やりたいと思う心を

何かで、打ち消して

何かを理由にして

ただ、やらなかったのだ


自分を顧みて

ふっと、そんなことを思うのである


やれなかったのでなく、やらなかった


単純に生きるとか

シンプルに生きるとか

そんな本があるが


思い立ったら吉日と言う言葉もあるが


そのパワーをそのままに動いたら、

やらなかったが無くなるのかもな


失敗や後悔もあるかもしれないが

やらないより良いかもね


やらない理由に

知らないうちに植え込まれた

無駄、無理、無意味の概念


無駄なんてない

無駄は、無駄と思ったときに無駄になり


無理というのも、

やってみなきゃわからないのに、

計算で無理と決めて終わりにする事になり、結果主義的な思考だ


無意味も、何にたいして無意味なのか?

それを考えると無意味なこともない


もちろん、思いつきでなく

考えて考えた時の事


やりたいとかやってみたいと思うことって

沢山あるからね


その中でも、本当にって事はある

それをやることが大切なのかも知れない


それに対して

結果主義的な思考になると

やりたかったのにやれなかったと言う

自己弁護の言葉が出るのかもね


なんとなく

頭に浮かんだ事 

「時」は、有限なり


やらなきゃ損なりかもね





ab-絵本塾教室風景の画像
ab-絵本教室(高田馬場)

〒171-0033

東京都豊島区高田3-10-18

東ビル203号室

ab-絵本創作塾


絵本棚が増えた画像
絵本棚がどんどん増えています。
ab-絵本創作塾 授業風景(画材授業透明水彩)
授業風景(画材授業透明水彩)
創作絵本コースの絵本塾授業風景の画像
創作絵本コース作品
1冊の絵本を創作してみるコース授業
絵本制作風景
ab-絵本創作塾コース授業風景
パステル体験

当サイト内に掲載されている、全てのイラスト・写真・文章の無断転載、転用を禁止します。

copyright ©ab-sousaku

all rights reserved.