課題(作品)への愛着

先日、絵本通信教育の塾生から届いた課題の作品が

ぐ~んと伸びてて

講評で、良くなったですねって伝えたら

「愛着のある」絵になったんですと

お返事がきた


通塾の塾生も

自分の描いた作品を

宝物のようにしている


そう

そういう意識がとても大切なんだよね


それは、一生懸命に描いたから

生まれる感情

必死に描いたからこそ

生まれる感情


そんな言葉や扱いを見ていると

伝わってきたなぁ~と思う


そこに愛があるのだろう

そして、愛のない作品は

作品でなく作業の結果なのかもしれない


本当は、絵には全てが現れているのである


ただ、注意しないと駄目なのは

愛着でなく執着すること

似ているが、まるで違う


執着するとそこから出れなくなる

執着でなく、愛着

前向きな愛着が大切


感情移入して

成りきって

一生懸命に描く


そこに上手いとか下手とかを超越した

絵本の世界があるのかもね


絵本は絵本

ここは、それを教える絵本塾ですね





ab-絵本塾教室風景の画像
ab-絵本教室(高田馬場)

〒171-0033

東京都豊島区高田3-10-18

東ビル203号室

ab-絵本創作塾


絵本棚が増えた画像
絵本棚がどんどん増えています。
ab-絵本創作塾 授業風景(画材授業透明水彩)
授業風景(画材授業透明水彩)
創作絵本コースの絵本塾授業風景の画像
創作絵本コース作品
1冊の絵本を創作してみるコース授業
絵本制作風景
ab-絵本創作塾コース授業風景
パステル体験

当サイト内に掲載されている、全てのイラスト・写真・文章の無断転載、転用を禁止します。

copyright ©ab-sousaku

all rights reserved.