絵本作家になるためには!

絵本作家になるためには

普通の美術や絵画をやっても

駄目なのだ


まぁ、あくまでも僕の考え方だけどね


だって、絵が上手いからと言って

絵本作家になっている人は

少ないのだな


絵本擬きの挿し絵やイラストでの

絵本描きはは沢山いるが


ここで言う

絵本作家とは、1冊の絵本を

文も絵も自分で作るか

いつも、定番で組んで作るかの人達


イラストの仕事の延長で

絵本を描く人達ではない


なぜ、上手いが必要ないか?

上手いって、誰が上手いと決める?

見た人だよね

沢山の人に上手いと受け入れられると言うことは、平均的に出来であると言うこと

ずば抜けて上手いとか

ずば抜けて凄いとかは

ずば抜けているから特別


そうでない、素人の範囲で上手いとかのレベルはゴロゴロといるのだから

そんなところで勝負してても

なかなか、芽が出ない


売れるとか売れないとか

まぁ、それも大切なことだけど

それを意識して、意識し過ぎて

肝心な自分を見失うと

逆に売れなくなる


絵本

回りにある絵本をよく見てみると

絵で言えば

見ただけで誰の作品かわかる

そう

それが個性


個性を磨くとは

そういう絵本作家の命を磨くと同じ


あるがままに思うままに描いて

それを作品のレベルに仕上げられる力


本当は、それが大切


好きなように思うままに描いていたら

その仕事は続けていられるが

無理して、我慢して仕事をしていたら

それは、苦痛となる


それでも、基本は大切

絵本について

絵本の絵について

画材について

絵本特有の効果について

言葉について

文章について


無いようで、実は沢山の基本項目がある


同じ作るなら

その基本を土台に作った方が良いよね


絵本作家に成りたいなら

絵本を知らないとね

絵本作家に成りたいなら

描かないとね


相手を知るのは

大切な事だからね


そんな事を思って

本格的絵本作りを教えているのです





ab-絵本塾教室風景の画像
ab-絵本教室(高田馬場)

〒171-0033

東京都豊島区高田3-10-18

東ビル203号室

ab-絵本創作塾


絵本棚が増えた画像
絵本棚がどんどん増えています。
ab-絵本創作塾 授業風景(画材授業透明水彩)
授業風景(画材授業透明水彩)
創作絵本コースの絵本塾授業風景の画像
創作絵本コース作品
1冊の絵本を創作してみるコース授業
絵本制作風景
ab-絵本創作塾コース授業風景
パステル体験

当サイト内に掲載されている、全てのイラスト・写真・文章の無断転載、転用を禁止します。

copyright ©ab-sousaku

all rights reserved.