絵本の物語の授業

昨日は、絵本の物語

文章の授業でした


まぁ、いつも授業なのですが

書けない書けないと言いながら

ちゃんと書いてきてくれ


それを足掛かりに

色々と話し込んで道が広がる


そうなのです

足掛かりになる「もの」がないと

前には進めない


見せる方、出す方は

結果(評価や講評)を気にして出すけど


まだまだ、そんなレベルではない事も

意識として大切


だから、何でも良いから出す

それが、大切な足掛かりになるのだよね


素直に書きたいもの

単純に思いついたもの

そんなものを見せる形


メモでも何でも共有出来る形にして

出すことが前に進む


学びに来ているのだか

馬鹿にもしないし、駄目とも言わない


そのままでは、駄目な部分があるかもだが

その部分を修正して補強して

練り上げていけば良いのだ


恥をかきにきなさい

そんな言葉で、出してきた絵本の物語の課題


ちゃんとテーマもあり

起承転結もあり

筋もあり


後は、ポイントの強化だな


どんな作品でも

一発で良いものなんて作れないし

一発で良いものが作れるなら学ぶ必要もない


そうではないから、お金を払って学びに来ているのだからね


絵に迷っていたので

同じようなテーマの絵本で、色々な絵の絵本を絵本塾の本棚から

取り出して、後半は絵本鑑賞


こうあるべきの概念を破り

こういう絵でもまとまるのだと感じてもらうための時間


それもまた、絵本塾の魅力です


天気が良いから

次の駅まで散歩して帰りますと

楽しそうな笑顔で帰っていったから

まぁ、何かを見つけて帰ってくれたのかな?


ファイト!


ab-絵本塾教室風景の画像
ab-絵本教室(高田馬場)

〒171-0033

東京都豊島区高田3-10-18

東ビル203号室

ab-絵本創作塾


絵本棚が増えた画像
絵本棚がどんどん増えています。
ab-絵本創作塾 授業風景(画材授業透明水彩)
授業風景(画材授業透明水彩)
創作絵本コースの絵本塾授業風景の画像
創作絵本コース作品
1冊の絵本を創作してみるコース授業
絵本制作風景
ab-絵本創作塾コース授業風景
パステル体験

当サイト内に掲載されている、全てのイラスト・写真・文章の無断転載、転用を禁止します。

copyright ©ab-sousaku

all rights reserved.