ハサミを使わせる流れ

二歳児から、使うのを前提にして

ハサミを持たせる前に、手遊びを通してグーパーと指を動かす練習をする

練習して、充分に開いたり閉じたり出来るようになってから

ハサミを片手で持たせ

ハサミを使う子どもの手の画像
ハサミを使う子どもの手

ハサミを開いたり閉じたりさせる

開いた状態で、指を入れ・・・閉じさせる

開くのは、ちょっとコツがいるけど

何度か、練習しているうちに出来るようになる

上手く開け閉じが出来るようになったら

紙を持たせて、切らせる

紙は、ハガキのような紙がこしもありきりやすい(上質紙)

幅は、一度に切れる長さの1.5〜2センチぐらい

パチンと切り落とせるようにして、切らせると切った楽しさがある

肘を開いて切ると、ハサミが横になり、ハサミに挟まって切れ難くなる

肘が開いてる子は、そっと押して、閉じさせて切らせる

 

片手で使う前に、両手で持ち手を持たせ、切れる喜びを教えてやるのも良い

上手になったら、片手で紙、片手でハサミで自由に切らせる

 

曲がりなりにも、紙を片手で、ハサミを片手で切れるようになれば

二歳児は大丈夫

 

三歳児は、太い線、なだらかな曲線、幅の広いジグザクの線が

切れるようになれば良い。

 

四歳児は、ハサミを正しく持ち、だいたい10センチ位の○を

線に沿って切れるようになれば良い。

 

五歳児は、ある程度正確に直線・曲線・斜めの線が切れれば大丈夫

 

六歳児は、細い線に沿って、直線・曲線が切れ、くりぬきができるようになれば大丈夫。

 

ハサミの使い方とルールとして

・ハサミを持ち運ぶ時は、刃を閉じて刃の方をしっかりとにぎって持たせる

・持って走らせない

・振り回さない

・紙以外の物を切らせない

・相手に渡す時は、持ち運ぶ時と同じ様に、刃を閉じて刃を握って

 ゆっくりと渡す。(勢い良く渡させると怪我のもとである)

 

ハサミを使わせる時の年齢ごとの目標的な事として、頭に入れておくと良い

これが、頭に入ってると、工作等の時に対象の子どもたちが何を出来るか

出来ないかが解る

 

工作は、保育士の準備に寄って、どの年齢にも対応でる物がある

ハサミの細かい作業を準備としてやておくか

それも、指導として、切らせるか

 

それぞれの年齢に対応した、計画を立てれば良い

 

指先や指を使う事は、脳の発達にとても良いので、どんどん指、指先を使う

作業をさせると良いと思う。

 

忘れてならないのが、個々の発達の違い

この小さな時に、同じクラスに1年の差がある子ども達がいる事を忘れない事

二歳児で、良く出来る子が、ほぼ三歳児である事もある

器用、不器用も個々の性格

絶対にここまで出来なければ駄目と言う事は、無いと思って気長に

観察して見守って欲しいと思う。

 

コメント: 0
ab-絵本塾教室風景の画像
ab-絵本教室(高田馬場)

〒171-0033

東京都豊島区高田3-10-18

東ビル203号室

ab-絵本創作塾

※電話には、なかなか出れませんので

お問合せ・ご連絡は、下記メールボタンよりお願い致します。

絵本棚が増えた画像
絵本棚がどんどん増えています。
ab-絵本創作塾 授業風景(画材授業透明水彩)
授業風景(画材授業透明水彩)
創作絵本コースの絵本塾授業風景の画像
創作絵本コース作品
1冊の絵本を創作してみるコース授業
絵本制作風景
ab-絵本創作塾コース授業風景
パステル体験

当サイト内に掲載されている、全てのイラスト・写真・文章の無断転載、転用を禁止します。

copyright ©ab-sousaku

all rights reserved.