保育指導案

保育指導案を作るって大変

でも、全体の流れを知れば

作り方のニュアンスはわかるかも

保育園には、

1年間の指導案

月ごとの指導案

週ごとの指導案

日ごとの指導案

 

と計画的に子どもたちを援助していく指導案がある

それも、年齢ごとにある。

 

それらの活動を通して、じょじょに成長させていく

年長が年長らしくなるようにね

 

その指導案は、担当の先生が決める事と園として決める事がある

まぁ、最終的には園の許可が出で、実行するのだけれどもね

 

その中で、実習に行く前に考えるのが部分実習という、

与えられた時間だけの指導案

それが、物凄く大変になるのは、全体の流れを知らないから

全体のながれを知らないというより

発達の段階を知らないからかもしれない。

 

「何歳の子が、何が出来て、何が出来ないか」

個人の発達の違いはあっても、平均的に出来る事は決まってる

それを把握する事が、第一歩

いくら良く出来てる指導案でも、年齢に対応していなければ

それは、実行出来ない。

 

指導案というと、造形系に流れ、作り物になる傾向が多いが

体操系・音楽系・造形系の三分野の中で選べば良い

 

その時も、発達の段階を把握して、出来る事出来ない事を見極め

出来る事と季節的なものを踏まえてまとめていけば良い

 

基本、「失敗しても明るく元気に!」

教える」って考えたら駄目・・・

導く、導く」・・・それが大切

 

 

大人の世界では、「知ってるだろう、わかってるだろう」

暗黙の了解で伝えてる部分が多々ある

 

しかし、子どもには、それは通用しない

「1から1から導く導く」

 

その事を考えて、指導案を作成していけば、作りやすいと思う。

 

そして、同じ造形物でも、発達の段階に合わせて、

先生が準備する内容を変えれば、どのクラスにも適応出来るものも

多いんだよ。1つの造形物が、1年齢のものではないってことも頭に

入れておくと良いと思う。

                        保育所での造形についてへ戻る

ab-絵本塾教室風景の画像
ab-絵本教室(高田馬場)

〒171-0033

東京都豊島区高田3-10-18

東ビル203号室

ab-絵本創作塾

※電話には、なかなか出れませんので

お問合せ・ご連絡は、下記メールボタンよりお願い致します。

絵本棚が増えた画像
絵本棚が増えました
ab-絵本創作塾 授業風景(画材授業透明水彩)
授業風景(画材授業透明水彩)
創作絵本コースの絵本塾授業風景の画像
創作絵本コース作品
1冊の絵本を創作してみるコース授業
絵本制作風景
ab-絵本創作塾コース授業風景
パステル体験

当サイト内に掲載されている、全てのイラスト・写真・文章の無断転載、転用を禁止します。

copyright ©ab-sousaku

all rights reserved.

参考絵本の溢れてる絵本塾です
参考絵本の溢れてる絵本塾です