エリックカールの絵本

エリックカールの絵本と言えば

「はらぺこあおむし」が有名

実は、この絵本

最初の刷り版の絵本と

最近の刷り版の絵本では・・・絵が違う

売れて、増刷しているうちに

刷り版が劣化し

だんだんシャープさがなくなり

製版する事にしたら

なんとーーーーーーーーー

原画がない

それで、エリックカールに伝えると

ふたたび作ってくれたと言う話がある

だから、構図は同じだけど絵が違う場面がある

嘘だと思う人は、刷りの番号で比較してみてね。

 

そんな売れっ子のエリックカールが

色彩を使った絵本を出してる

「こんにちは あかぎつね」って絵本

この絵本は、基本4色の残像を使った絵本

簡単に説明すると

「赤」をじぃーーーーと見て

白い紙を見ると「みどり」の残像色が浮かんでくる

「黄色」は「むらさき」

「青」は「オレンジ」

「緑」は「赤」

それぞれの刺激の強さによって多少は違う色に見えるが

それ系の色が見える

これは、色彩学なんだけどね

自然に体験してると思うよ

 

その残像色の現象を使った絵本が

「こんにちは あかぎつね」って絵本

色の違う登場生き物が、子かえるの誕生日パーティーにくるんだ

おかあさんカエルは・・・この生き物は、招いた生き物と違えって言う・・・

すると、子がえるが、おかあさんもっともっとよく見なきゃって言って

みさせると・・・残像して、招いた生き物が現れるって絵本

 

あっ、残像は形はそのままで現れるから

四角い赤を見てたら、四角い緑が見えるって所も活用してる絵本

 

へぇ〜面白いなぁって思ったんだけど

はたして・・・これは・・・子どもに通じるかな?

 

そこで、実験したのだ

5歳の男の子と5歳の女の子にね

 

そうしたら・・・最初は両人とも見えなかった

じぃーーと見るって事が、子どもには難しかったかもしれない

じぃーと見るって事を教えて・・・再度実験

そしたら・・・女の子が1色見えたの

1色見えると、コツがわかるから・・・最終的には・・・全色見えて

その絵本をおもしろがってた

 

男の子は・・・見えない見えないと言って・・・結局、飽きてしまった

 

しばらくして、男の子が6歳になった時に、もう一度みせたら

すぐに見えたんだけどね

 

一見、子どもには無理って思っても

ちゃんと通じるって事を感じたよ

 

難しいと思える絵本も、導きの補佐で・・・ちゃんと楽しめる

 

大御所は、色々な事に挑戦してるんだなぁ〜って思った絵本でした

 

ぜひ、探して見てみてください。

 

 

           <文責・ab-絵本創作塾 塾長 須田繁太>

こんにちは あかぎつね
エリックカールの絵本(偕成社)
ab-絵本塾教室風景の画像
ab-絵本教室(高田馬場)

〒171-0033

東京都豊島区高田3-10-18

東ビル203号室

ab-絵本創作塾

※電話には、なかなか出れませんので

お問合せ・ご連絡は、下記メールボタンよりお願い致します。

絵本棚が増えた画像
絵本棚が増えました
ab-絵本創作塾 授業風景(画材授業透明水彩)
授業風景(画材授業透明水彩)
創作絵本コースの絵本塾授業風景の画像
創作絵本コース作品
1冊の絵本を創作してみるコース授業
絵本制作風景
ab-絵本創作塾コース授業風景
パステル体験
参考絵本の溢れてる絵本塾です
参考絵本の溢れてる絵本塾です

当サイト内に掲載されている、全てのイラスト・写真・文章の無断転載、転用を禁止します。

copyright ©ab-sousaku

all rights reserved.