下積みのない作品


下積みのない作品は
単なる偶然か固執か自惚れ

色々な作品、イラスト、キャラクターを見てきて思う事は

それを制作するのに
どのぐらいの思考をしたか
思考の中には、描く事も、書く事も
含まれている

作品を生み出す苦悩とも言える

そのような、下積みの時間が
作品の深さ、確かさ、質の確立へ
繋がっていく

絵を描くとか、文字を書くとか
そう言う作業時間の事ではない

コンセプト
テーマ
構成
構図

作品に取りかかるまでに
通らなければならない
イバラの道

そこを通ってきた作品か

安易な道を通ってきたものか

それは、作品に現れる

もう一度、自分の作品作りの姿勢を見直すと
新たな道が開けるかもしれないですね

追記

前にも、書いたけど

作品のムラは、致命的
作品は、出したらひとり歩きする
作家の心情変化、体調変化、環境変化なんて、関係ない
それは、自己防衛の言い訳

言い訳するなら出すななのである

そこに仲間うちの罠があるのである
傷の舐め合いの仲間は
いらない仲間

誰の為の作品で
誰の為に描くか

そこに全ての答えがあるのかも知れない

ab-絵本塾教室風景の画像
ab-絵本教室(高田馬場)

〒171-0033

東京都豊島区高田3-10-18

東ビル203号室

ab-絵本創作塾

※電話には、なかなか出れませんので

お問合せ・ご連絡は、下記メールボタンよりお願い致します。

絵本棚が増えた画像
絵本棚がどんどん増えています。
ab-絵本創作塾 授業風景(画材授業透明水彩)
授業風景(画材授業透明水彩)
創作絵本コースの絵本塾授業風景の画像
創作絵本コース作品
1冊の絵本を創作してみるコース授業
絵本制作風景
ab-絵本創作塾コース授業風景
パステル体験

当サイト内に掲載されている、全てのイラスト・写真・文章の無断転載、転用を禁止します。

copyright ©ab-sousaku

all rights reserved.