作品は人目に触れて動き出す

自分で、絵を描いてる人

自分で、絵本を作ってる人

自分で、作品を書いている人

 

自分の創作物は、人目に触れて

始めて動き出す

 

大切に保管してても動き出さない

 

色々な場面や、チャンスを生かし

自分の作品をアピールする事が大切だ

 

グループ展でも、個展でも

イベントでも公募でもなんでも

 

外向けに発表して

人の目に触れる事をしないと作品は動かない

 

人の目に触れれば、いろいろな反応があり

良い悪いは別として、勉強にもなる

 

中には、気に入って

力を貸してくれる人も現れる

 

自分の宝物として、大切に保管していては駄目

ひょっとしたら、大切にしいてる心の裏に

自信の無さがあるのかもしれない

 

そういう、臆病な心を捨てて

どんどん、アピールしていこう

 

貪欲にならなければ、駄目な世界

 

本当に良い絵、凄い絵を描いているのに

中々、外に動かない人が居る

 

もっと貪欲に・・・なろうよ

おとなしくては、才能が埋もれてしまう

 

作品は、人目に触れて価値が出る

それを頭の中に入れて

創作活動を続けて欲しいものだ

 

自己満足に浸っていては、仕事は来ない

人前に晒すから、仕事になる

 

どんな仕事でも、アピールとセールスは必要だ

コメント: 0
ab-絵本塾教室風景の画像
ab-絵本教室(高田馬場)

〒171-0033

東京都豊島区高田3-10-18

東ビル203号室

ab-絵本創作塾

※電話には、なかなか出れませんので

お問合せ・ご連絡は、下記メールボタンよりお願い致します。

絵本棚が増えた画像
絵本棚が増えました
ab-絵本創作塾 授業風景(画材授業透明水彩)
授業風景(画材授業透明水彩)
創作絵本コースの絵本塾授業風景の画像
創作絵本コース作品
1冊の絵本を創作してみるコース授業
絵本制作風景
ab-絵本創作塾コース授業風景
パステル体験
参考絵本の溢れてる絵本塾です
参考絵本の溢れてる絵本塾です

当サイト内に掲載されている、全てのイラスト・写真・文章の無断転載、転用を禁止します。

copyright ©ab-sousaku

all rights reserved.