安易な絵本公募・・・

絵本は、子どもの本で

可愛いから、優しいイメージだからと

安易に絵本公募をしているところがある


質問しても、絵本を何もしらない人達が主催し

審査員も明記していない


そして、結果発表の作品が・・・

絵本になっていない作品


絵があるだけで、作品のあらすじも、紹介も無い公募


公募は、趣味や興味の安易な考えてやって欲しくないものだ

そこに応募する人達が、どんなに必死で考え描いているか

それをちゃんと理解して募集するべきである


出版化を餌にして、作品を集め

結局、出版しない


そういう公募が増えている


著作権も、前は大賞や賞を取った作品に対してだったのだが

酷い所になると、応募作品全ての著作権を奪う大手企業もある


応募する側の見極めかも知れないが

自治体や大手企業の名の元に

そういう、安易な絵本公募が横行している


公募をするなら、それなりに主催者が勉強と準備をきちんとして

正々堂々、公明正大たる公募をし審査して欲しいものだ


あまりにも安易な公募が、横行している現状に一言物申したい



ab-絵本塾教室風景の画像
ab-絵本教室(高田馬場)

〒171-0033

東京都豊島区高田3-10-18

東ビル203号室

ab-絵本創作塾

※電話には、なかなか出れませんので

お問合せ・ご連絡は、下記メールボタンよりお願い致します。

絵本棚が増えた画像
絵本棚が増えました
ab-絵本創作塾 授業風景(画材授業透明水彩)
授業風景(画材授業透明水彩)
創作絵本コースの絵本塾授業風景の画像
創作絵本コース作品
1冊の絵本を創作してみるコース授業
絵本制作風景
ab-絵本創作塾コース授業風景
パステル体験
参考絵本の溢れてる絵本塾です
参考絵本の溢れてる絵本塾です

当サイト内に掲載されている、全てのイラスト・写真・文章の無断転載、転用を禁止します。

copyright ©ab-sousaku

all rights reserved.