描いたから、作品になるわけじゃない・・・

絵を文章を描いて・書いて、出来たから作品になる訳じゃない

それは、描き終えた・書き終えただけの事

 

それで、通るのは学校とかの課題だけ

 

描いた・書いた・・・良く出ましたなのである

 

しかし、プロになるには

描いた、書いた

その出来た作品を仕上げなきゃならない

 

仕上げれるかどうか・・・それが、作品になるかどうかなのである

 

プロとアマの差がここにでる

 

いわゆる、フィニッシュワークである

この仕上げには、自分の眼+自分の力量が現れる

 

それがなければ、仕上げの意味もわからない

 

何を描きたかったのか

何を書きたかったのか

 

それが、ちゃんと表現出来ているか

 

自分の描きたい事・書きたい事が現されているか・・・

 

その仕上げで作品が生まれるのである

 

まぁ、いいかぁ〜で仕上げを妥協すれば・・・妥協の作品

仕上げで妥協しなければ・・・その時点での最高の作品

 

時間があったら

余裕があったら

そんな理由は、自分の理由

第三者には、関係ない

気づいているのに、やり直さないのは・・・妥協

妥協した時点で・・・全てが消える

 

 

 

描いた・書いたでは・・・作品ではない

短い文章だが・・・この文章を頭に入れて置くと良い

 

いつか・・・意味がわかる時が来る

いや・・・来て欲しいものだ

 

描いた・書いたでは、作品になる訳じゃない

「出来た→仕上げだ→作品だ」なのである

 

 

 

 

 

 

ab-絵本塾教室風景の画像
ab-絵本教室(高田馬場)

〒171-0033

東京都豊島区高田3-10-18

東ビル203号室

ab-絵本創作塾

※電話には、なかなか出れませんので

お問合せ・ご連絡は、下記メールボタンよりお願い致します。

絵本棚が増えた画像
絵本棚がどんどん増えています。
ab-絵本創作塾 授業風景(画材授業透明水彩)
授業風景(画材授業透明水彩)
創作絵本コースの絵本塾授業風景の画像
創作絵本コース作品
1冊の絵本を創作してみるコース授業
絵本制作風景
ab-絵本創作塾コース授業風景
パステル体験

当サイト内に掲載されている、全てのイラスト・写真・文章の無断転載、転用を禁止します。

copyright ©ab-sousaku

all rights reserved.