書けた・描けた から 書いた・描いたへ

 

文章作品でも、絵の作品でも

作品の作り方を考えないと駄目

 

文章でも、推敲もしないで

書けたから作品としている人は

まだまだ、素人

 

絵でも、イメージが浮かび

原画の紙にいきなり描き

一発勝負的に完成させる人は

まだまだ、甘い

 

作品とは何ぞや

人に見せるとは、何ぞや

 

その根本が身に付いていないと

そういうものを作品と勘違いしてしまう

 

一発勝負で、原稿を書いたり

いきなり原画を描いてる絵本作家なんていないのさ

 

文章は、推敲する事で、作品を磨けるし

絵は、自由に描けるように鍛錬して

初めて絵が成り立つ

 

作文の授業で、時間に書き上げたら・・・って習慣?

絵の授業で、いきなり本番の原画を描く習慣?

 

そういう、根本を身につけよう

 

葛飾北斎でさえ、絵を描く前に

毎日筆ならしの線・図形・模様を描いて

線の技術を磨いていたのだよ

 

知ってる人には、当然の事でも

知らない人はしらないんだよね・・・

 

作品は、書けたら・描けたら 作品でなく

書いたら・描いたら 作品。

 

   <文責・ab-絵本創作塾 須田繁太>

コメント: 0
ab-絵本塾教室風景の画像
ab-絵本教室(高田馬場)

〒171-0033

東京都豊島区高田3-10-18

東ビル203号室

ab-絵本創作塾

※電話には、なかなか出れませんので

お問合せ・ご連絡は、下記メールボタンよりお願い致します。

絵本棚が増えた画像
絵本棚がどんどん増えています。
ab-絵本創作塾 授業風景(画材授業透明水彩)
授業風景(画材授業透明水彩)
創作絵本コースの絵本塾授業風景の画像
創作絵本コース作品
1冊の絵本を創作してみるコース授業
絵本制作風景
ab-絵本創作塾コース授業風景
パステル体験

当サイト内に掲載されている、全てのイラスト・写真・文章の無断転載、転用を禁止します。

copyright ©ab-sousaku

all rights reserved.