第一稿は、作品ではない

文章にしても、絵本にしても

第一稿は、作品ではない

 

いわゆる、下絵・設計図・構想なのである

 

それを基に

練り・粉ね・破壊し・いじり・固めていく

その基でしかない

 

だから、アイデアだけなのである

 

それを作品と勘違いする人がいる

書きっぱなし、描きっぱなし

読み返してもいない、時間をおいて見もしない

そんなものは、作品ではない

 

他の人に見せても

これは・・・第一稿ですからって言っても

なかなか、理解してくれないものである

 

人に見せる時は

やはり、それなりの作品に仕上げて

見せるべきなのだな

 

それでも、その第一稿はとても大切

作品の芯であり、誕生の産声である

 

それが、無い人には作れないからである

 

「発想・アイデア・思いつき」

本当は、そこに作品があるのである

 

書き続けていて、途中で「駄目だぁ〜」と思っても

けっして、無くさないように

 


駄目なのは、その時なのである

いつか時が変われば、いじれるようになるかも知れないのである

 

いじるのは、いつでも出来るが

発想・アイデア・思いつきは・・・その時だけなのである

 

瞬間で産まれたものは

瞬間で消える

 

だから、大切に保管して

いつかの時まで、取っておくものである

 

第一稿は、作品ではないが

とても、重要なものなのである

 

 

ab-絵本塾教室風景の画像
ab-絵本教室(高田馬場)

〒171-0033

東京都豊島区高田3-10-18

東ビル203号室

ab-絵本創作塾

※電話には、なかなか出れませんので

お問合せ・ご連絡は、下記メールボタンよりお願い致します。

絵本棚が増えた画像
絵本棚がどんどん増えています。
ab-絵本創作塾 授業風景(画材授業透明水彩)
授業風景(画材授業透明水彩)
創作絵本コースの絵本塾授業風景の画像
創作絵本コース作品
1冊の絵本を創作してみるコース授業
絵本制作風景
ab-絵本創作塾コース授業風景
パステル体験

当サイト内に掲載されている、全てのイラスト・写真・文章の無断転載、転用を禁止します。

copyright ©ab-sousaku

all rights reserved.