絵が描けない

 

絵を描こうとして、絵が描けない人は、

本物を見ていない事、知らない事に気付くと良い、

頭の中だけで想像して描こうとしているから描けないのである。

 

自分の頭の中の想像だけで描こうとするから描けない

本物といっても、実物である必要も無く

印刷されたもの写真など

なんでも良い

そういうものが資料になり

描く力になる

 

見て描けない人はいない

 

どうなってるかわからない

わからないから、描けない

 

絵を描く人には、やはり資料が大切

頭の中の想像だけでなく

事実としての把握が必要

 

事実を把握して、それを自分で消化して

オリジナルを作ると

 

写実を消化して自分の絵を描けるようになる

 

 

キャラクター化するから

なんでもいいわけじゃない

 

キャラクター化するにも

基本は大切

 

まぁ、昨今のゆるキャラ・・・

審査する能力にも問題があるが

可愛いとかの雰囲気だけで選んでるブーム

ブームで選ばれてるものは消える

 

しっかりとした形を維持してるものは

末永く続く

 

アートは、消えるものではない

 

その違いは、根底の違い

作り方のコンセプトの違い

基本の違い

 

基本は、資料にある

力は、把握にある

アートは消化にある

 

絵が描けない人の為のヒントとして

 

本物を見に動物園や水族館などにいけば

動きがよく見え把握出来るのは確かである

 

 

コメント: 0
ab-絵本塾教室風景の画像
ab-絵本教室(高田馬場)

〒171-0033

東京都豊島区高田3-10-18

東ビル203号室

ab-絵本創作塾

※電話には、なかなか出れませんので

お問合せ・ご連絡は、下記メールボタンよりお願い致します。

絵本棚が増えた画像
絵本棚が増えました
ab-絵本創作塾 授業風景(画材授業透明水彩)
授業風景(画材授業透明水彩)
創作絵本コースの絵本塾授業風景の画像
創作絵本コース作品
1冊の絵本を創作してみるコース授業
絵本制作風景
ab-絵本創作塾コース授業風景
パステル体験

当サイト内に掲載されている、全てのイラスト・写真・文章の無断転載、転用を禁止します。

copyright ©ab-sousaku

all rights reserved.

参考絵本の溢れてる絵本塾です
参考絵本の溢れてる絵本塾です