絵本なんて

絵本なんて、なんでも自分が思った事で創作すれば良い

 

作家の創作論を聞くと良く聞く言葉だ

 

自分の描きたい事を書く的な・・・

 

その「なんでも」って所が、一番重要

言葉だけをとると・・・まさに、なんでも良いって思ってしまう

 

それは、いろんな意味で「なんでも」が作品になってる人が言う言葉

その人は、「なんでも」って前に色々と考え、迷い自分の作品として

成り立たせて、「なんでも」描いてる。

 

ただの思いつきではない

思いつきでも、いろいろと考えてるはず

だからこそ、作品の強さや深さがあるのかもしれない

 

言葉だけの「なんでも」を受け

ただ、思うがままに描いていても、作品にはならない

 

その根本を理解しないと、どんなに頑張っても無理

 

それは、続けているとわかってくる

それは、描き続けてるとわかってくる

 

一番わかりやすい「なんでも」は

 

「なんでも、丁寧に描く」

「なんでも、細かく描く」

「なんでも、誤摩化さないで描く」

 

誰にでも出来る、「なんでも」だけれど

それを確実にしてたら、作家だよね

 

才能より、努力と辛抱と忍耐・・・だね

 

 

             <文責・ab-絵本創作塾 塾長 須田繁太>

 

ab-絵本塾教室風景の画像
ab-絵本教室(高田馬場)

〒171-0033

東京都豊島区高田3-10-18

東ビル203号室

ab-絵本創作塾

※電話には、なかなか出れませんので

お問合せ・ご連絡は、下記メールボタンよりお願い致します。

絵本棚が増えた画像
絵本棚がどんどん増えています。
ab-絵本創作塾 授業風景(画材授業透明水彩)
授業風景(画材授業透明水彩)
創作絵本コースの絵本塾授業風景の画像
創作絵本コース作品
1冊の絵本を創作してみるコース授業
絵本制作風景
ab-絵本創作塾コース授業風景
パステル体験

当サイト内に掲載されている、全てのイラスト・写真・文章の無断転載、転用を禁止します。

copyright ©ab-sousaku

all rights reserved.