絵本の画材(まとめ)

 

絵本の画材について、今までに代表的な画材について、書いてきたけど

ここは、その「まとめ」として、絵本を描く上での総論を書こう

総論ってカッコイイね

まぁ、そんなに大げさではないけど

でも、重要かもしれない

 

基本、絵本の画材なんてなんでも良い

総論とか重要とか言っといて、なんでも良いって答えがあるかぁ〜

とも、おもうのだろうけど

なんでも良いって事が重要

例えば、ここで超細い線が必要って時に、今まで使ってる画材では

無理な線の場合、大概は画材に束縛されて無理な線を無理な画材で描き通す。

それが、違うよって事

 

絵の世界では、それぞれの画材での画壇があり、展覧会があり、美術展がある

そんな所に応募するのに・・・画材を色々と使ってたら規格外で落ちる

 

そんな美術教育の画材の垣根が、みんなに浸透してるって事

 

自分の描きたい所の表現に最適な画材を使って

自分の絵の表現を高めれば良い

 

超細い線が欲しかったら・・・ボールペンでもなんでも、超細い線が描ける画材を使って描けば良いって事。

異質な画材を使って、絵がバラバラになったら駄目だけど

場面として、絵がまとまってれば、なにを使っても大丈夫って事

 

海外の絵本を見てると、本当に自由に色々な画材で描いているかがわかる

時には・・・こんなので描いて良いの? って思う作家もいる

 

絵本を描く時、「自分の表現にこだわり、画材にこだわらない」

これを頭に入れておくと良いと思う。

 

結局、絵本は印刷物、原画より印刷されたものが作品

印刷の時に、表現出来てれば良いのだからね

 

砂漠の絵を描く・・・砂の表現・・・

砂絵的に砂を糊で固定して、砂漠を表現して、背景にする

こんな事もOKだと思う。

 

だから、自分の絵本を描く時には、ひとつの画材に固執しない事

表現、雰囲気を追求するように描くのが一番大切だと思う。

 

これが、絵本の画材の使い方の総論です。(塾長の考え方)

 

 

               <文責・ab-絵本創作塾 塾長 須田繁太>

コメント: 0
ab-絵本塾教室風景の画像
ab-絵本教室(高田馬場)

〒171-0033

東京都豊島区高田3-10-18

東ビル203号室

ab-絵本創作塾

※電話には、なかなか出れませんので

お問合せ・ご連絡は、下記メールボタンよりお願い致します。

絵本棚が増えた画像
絵本棚が増えました
ab-絵本創作塾 授業風景(画材授業透明水彩)
授業風景(画材授業透明水彩)
創作絵本コースの絵本塾授業風景の画像
創作絵本コース作品
1冊の絵本を創作してみるコース授業
絵本制作風景
ab-絵本創作塾コース授業風景
パステル体験
参考絵本の溢れてる絵本塾です
参考絵本の溢れてる絵本塾です

当サイト内に掲載されている、全てのイラスト・写真・文章の無断転載、転用を禁止します。

copyright ©ab-sousaku

all rights reserved.