絵本の画材(色鉛筆)

色鉛筆は、便利だよね

いつでも、ひろげて作業出来る

画材の中で、一番身近でもある

 

便利だから、使いやすい

使いやすいから、知ってる画材

 

でもね、使いやすいと使い方・・・違うんだよね

 

色鉛筆には、油性と水性があって

油性は、ごく普通に使ってる色鉛筆、水に溶けない

水性は、絵具を堅くして鉛筆型にしたようなもの、水に溶ける

 

一般的な油性の色鉛筆について言うと

使いやすいから、誰にでも使えるからと

自分の絵の画材として選ぶ人が多いけど

 

描いた絵を見て・・・本当の使い方を知らないよねって思う事も多い

 

ただ、色を塗っただけ

ただ、色を置いただけ

 

それは、子どもの「いろぬり」・・・と同じ

 

画材としての使い方ではない

 

本来、色鉛筆画の基本は・・・重ね塗りの画材

基本色を塗り、同系色で重ね表現する

 

本格的な色鉛筆画は、スーパーリアリズム(実物そっくりに描く)な表現も可能

これが・・・色鉛筆画?

そう疑うほどに強く、濃厚な絵も描けるし

 

軽く、ふわぁとした感じの絵でも色鉛筆画の基本を知ってる人の

使い方と、イメージで使ってる人とでは差が出る

 

使いやすい、良く知ってる画材が

使える、描ける画材ではないってことだね

 

何事も、基本は大切だ

 

あと、描く紙も重要になってくるけどね

自分の使い方に合った紙を使わないと・・・。

 

ここで、学べます→   本格的に絵本創作を学ぶ1年コース第6週目

 

 

            <文責・ab-絵本創作塾 塾長 須田繁太>

色鉛筆画 パンの画像
色鉛筆画「パン」
コメント: 0
ab-絵本塾教室風景の画像
ab-絵本教室(高田馬場)

〒171-0033

東京都豊島区高田3-10-18

東ビル203号室

ab-絵本創作塾

※電話には、なかなか出れませんので

お問合せ・ご連絡は、下記メールボタンよりお願い致します。

絵本棚が増えた画像
絵本棚がどんどん増えています。
ab-絵本創作塾 授業風景(画材授業透明水彩)
授業風景(画材授業透明水彩)
創作絵本コースの絵本塾授業風景の画像
創作絵本コース作品
1冊の絵本を創作してみるコース授業
絵本制作風景
ab-絵本創作塾コース授業風景
パステル体験

当サイト内に掲載されている、全てのイラスト・写真・文章の無断転載、転用を禁止します。

copyright ©ab-sousaku

all rights reserved.