絵本の絵の練習

タイトルに「絵本の絵の練習」と書いたけど

絵の修練だね

 

どうやったら、絵が上手くなるか・・・

絵を描く
絵を描く

 新しい絵を沢山描く事も大切なのは確かだけど

一枚の絵をじっくりと時間をかけて描くのも大切

どういう風に絵をまとめ・仕上げていくか

その方法を身につける事と絵の深みを増すには

この修練が、とても大切

 

まぁ、その前に

絵を深めるという意味が分からないと

描いても、修練にならないけどね

 

簡単に言えば

同じ絵を何度も描く事だね

 

場面も構図も同じ絵を

何度も描き、描ききる

 

これを通ってから

深い絵本の絵、濃い絵本の絵を描く練習をすると

自分の絵のまとめ方がわかってくるかも知れない

 

絵を描いて

一応、終わりと思った絵を

後から見て、浅いなぁ〜とか、薄いなぁ・・・って思ってしまう人は

 

この練習をしてみると良いと思う

 

ここで言う絵の濃さは

沢山描いてあるとか、濃い色で塗ってるとかでないからね

完成度の事だからね

 

自分の見る目を養っていかないと

なかなか進展はしないかもしれない

 

そこに人に見てもらうという事の必要性が生まれる

 

客観的に見られる事の重要性だね

見てくれる人が、素直にバシバシと言ってくれる人なら

尚、良し

 
          <文責・ab-絵本創作塾 須田繁太>
コメント: 0
ab-絵本塾教室風景の画像
ab-絵本教室(高田馬場)

〒171-0033

東京都豊島区高田3-10-18

東ビル203号室

ab-絵本創作塾

※電話には、なかなか出れませんので

お問合せ・ご連絡は、下記メールボタンよりお願い致します。

絵本棚が増えた画像
絵本棚が増えました
ab-絵本創作塾 授業風景(画材授業透明水彩)
授業風景(画材授業透明水彩)
創作絵本コースの絵本塾授業風景の画像
創作絵本コース作品
1冊の絵本を創作してみるコース授業
絵本制作風景
ab-絵本創作塾コース授業風景
パステル体験

当サイト内に掲載されている、全てのイラスト・写真・文章の無断転載、転用を禁止します。

copyright ©ab-sousaku

all rights reserved.

参考絵本の溢れてる絵本塾です
参考絵本の溢れてる絵本塾です