色々な画材の使い方を知る

 

色々な画材の使い方を知るのは、表現の枝葉を広げる事

 

自分の表現の幅を広くする事になる

 

なぜなら、絵本は、何をどう複合しても良い

絵であるから

各画壇のように、油絵の具だけ、水彩だけ、と使う画材を限定してる世界とは違うから

 

自分の表現したものにぴったりな画材で表現し、それで、有効に効果を現していれば良い

 

画材に固執する必要はない

 

だからこそ、色々な画材を知り、基本的な部分は把握していると

自分の絵を描いてる時に、最も有効な表現力を使える事になる

 

知らなければ、使えない

使えなければ、表現が限られる

 

だから、ひと通り画材の使い方を知る機会も大切である

 

色々な表現を知る事で

 

自分の意図する表現が簡単に描けるかもしれない

 

画材によっては、無理な表現というものがある事を知る事も

画材を知る事でもある

 

無理な表現を無理矢理する事は・・・無理な分

不出来になるものである

 

臨機応変・・・絵本の画材のあり方である

 

 

 

       <文責・ab-絵本創作塾 塾長 須田繁太>

コメント: 0
ab-絵本塾教室風景の画像
ab-絵本教室(高田馬場)

〒171-0033

東京都豊島区高田3-10-18

東ビル203号室

ab-絵本創作塾

※電話には、なかなか出れませんので

お問合せ・ご連絡は、下記メールボタンよりお願い致します。

絵本棚が増えた画像
絵本棚が増えました
ab-絵本創作塾 授業風景(画材授業透明水彩)
授業風景(画材授業透明水彩)
創作絵本コースの絵本塾授業風景の画像
創作絵本コース作品
1冊の絵本を創作してみるコース授業
絵本制作風景
ab-絵本創作塾コース授業風景
パステル体験
参考絵本の溢れてる絵本塾です
参考絵本の溢れてる絵本塾です

当サイト内に掲載されている、全てのイラスト・写真・文章の無断転載、転用を禁止します。

copyright ©ab-sousaku

all rights reserved.