絵本を作る理由

 

 

絵本を作る

 

作りたいから作る

 

描きたいから描く

 

その域は、自己満足域

自己満足域の作品をいくら描いても

 

人の心は動かない

 

人の心が動かなければ、作品として自立出来ない

 

絵も文章も自己満足で良いが

 

作品として、テーマをきちんと定めて描かないと、

 

描きたいから描いた、作りたいから作ったになってしまう

 

その作品に対してのテーマでなくても

 

自分の作品作りの姿勢が、テーマになってる作家もいる

 

芯のない作品は、駄目なんだよね

 

絵が上手い、文章が上手い

 

それだけで、作家にはなれない

 

作品作りの根底の

 

なぜ、絵本を描くのか

 

なぜ、文章を書くのか

 

自分の自由な世界で、何をしたいのか?

 

その「何か」があるか、ないか

 

それが、作品の自己満足域なのか、そうじゃないのかの別れ目

 

自分だけの為に作ってるか、そうでないかの差

 

さりげない、記事だけど・・・

 

この記事は、重要かもしれない

 

堅いテーマの必要性も無いし

 

難しいテーマの必要性も無い

 

テーマの位置づけが

 

作品作りを妨げる事もある

 

気取らず、背伸びせず、自分なりに・・・考えて創作しよう

 

     <文責・ab-絵本創作塾 須田繁太>

コメント: 0
ab-絵本塾教室風景の画像
ab-絵本教室(高田馬場)

〒171-0033

東京都豊島区高田3-10-18

東ビル203号室

ab-絵本創作塾

※電話には、なかなか出れませんので

お問合せ・ご連絡は、下記メールボタンよりお願い致します。

絵本棚が増えた画像
絵本棚がどんどん増えています。
ab-絵本創作塾 授業風景(画材授業透明水彩)
授業風景(画材授業透明水彩)
創作絵本コースの絵本塾授業風景の画像
創作絵本コース作品
1冊の絵本を創作してみるコース授業
絵本制作風景
ab-絵本創作塾コース授業風景
パステル体験

当サイト内に掲載されている、全てのイラスト・写真・文章の無断転載、転用を禁止します。

copyright ©ab-sousaku

all rights reserved.