絵本を創るのに必要な観察眼を身につける

絵本の絵を描くには

いろいろなものを知っていないと駄目だ

そして、いろいろなものを描けないと駄目だ

 

だって、絵本の絵にはいろいろなものが必要だからね

 

そして、描くには、それが頭の中に無いと描けない

知っていないと描けないし、

知っていても、把握していないと描けない

 

把握する・・・それが、観察眼である

 

見る眼でなく

観察して、把握する眼

 

それが、重要である

 

単に形のイメージだけでなく

その仕組みとか構造などを知る事が

大切であり

それを踏まえているからこそ、嘘の無い絵が描けるのである

 

絵本の絵は、子どもが目にする

子どもが、目にするものに嘘を描けば

子どもが、嘘を覚える

だから、嘘の無い絵を心掛けるべきである

 

特に、キャラクター化した場合

作者の都合の良いように描いては

駄目なのである

 

事実を基本として

そこから、崩してキャラ化していくのが

本当のキャラクター作りなのである

 

アリの体は3つ

昆虫の脚は6つ

など

 

虫系は、特に観察眼が大切である

 

人気があるからと変なキャラが流行ると

昆虫が、そういう構造だと思ってしまう

 

絵本は、子どもの眼に触れるもの

だからこそ、そういう部分にも配慮が必要なのである

 

じっくりと、観察して事実を把握して

自分なりに描く

 

その数が多ければ多いほど

自由に絵が描けるというものだ

 

一応、この絵本塾の通信教育の基礎の部分では

そういう事から始めるのである

 

実際の授業でも随時、言い続け

無意識に観察眼が身に付くように育てる

 

この観察眼は、とても重要な事なのである

 

豊富な知識と観察眼が

作家の幅を広げるのである

 

見てるからといって

描けるものでない事を知って欲しい

 

描くには、観察眼で把握しないと描けないのである

 

 

 

 

ab-絵本塾教室風景の画像
ab-絵本教室(高田馬場)

〒171-0033

東京都豊島区高田3-10-18

東ビル203号室

ab-絵本創作塾

※電話には、なかなか出れませんので

お問合せ・ご連絡は、下記メールボタンよりお願い致します。

絵本棚が増えた画像
絵本棚が増えました
ab-絵本創作塾 授業風景(画材授業透明水彩)
授業風景(画材授業透明水彩)
創作絵本コースの絵本塾授業風景の画像
創作絵本コース作品
1冊の絵本を創作してみるコース授業
絵本制作風景
ab-絵本創作塾コース授業風景
パステル体験

当サイト内に掲載されている、全てのイラスト・写真・文章の無断転載、転用を禁止します。

copyright ©ab-sousaku

all rights reserved.

参考絵本の溢れてる絵本塾です
参考絵本の溢れてる絵本塾です