絵本作り

絵本を作るのなんて

簡単です

 

お話しの文章に絵

それがあれば絵本になります

商業絵本のベストセラー(ab-絵本創作塾資料)
商業絵本のベストセラー(ab-絵本創作塾資料)

しかし、商業絵本を作るのは

大変な事です

 

商業絵本は、売る物

お金を頂くものであるから

責任があります

 

商品なのです

 

その違いを把握していないと

いつまで経っても、自己満足絵本で終わり

デビューなんて出来ません

 

出版社のお金を使って

印刷し、製本し、本屋等で販売する

それだけの、経費と人が関わっている

 

一冊1000円の絵本で

作家の印税分が良くて・・・80円

後は、出版社の経費と本屋の経費

本屋が、だいたい200円

720円から諸経費を引い分が儲け

 

作家は、印刷冊数の印税が貰えるが

もし、返品だらけの絵本になれば

出版社が損をする

 

商業絵本と言うのは、そういうものなのです

 

その責任を負える作品であるかどうか?

何を売りとして出せる絵本なのか?

魅力は、どこにあるのか?

 

そういう目で評価され

出版するかしないかが決まる

 

自己満足でも、他人の目を越える自己満足の作品を描かないと

本にはならないのです

 

甘えがあったらだめ

誤摩化しがあっても駄目

 

商品がいい加減な品物をあなたは買いますか?

真っ直ぐのはずなのに、歪んでたり

形が崩れてる商品を買いますか?

 

その違いがわかる事が

プロと素人の差

 

フィニッシュワークのレベルの違い

 

フィニッシュワークは、自分で鍛えるもの

自分で鍛えて、自分で高める

 

それによって、レベルの高い作品が完成する

 

自分のレベルを高めないと

レベルの高いものは描けない

 

技術があっても、感性があっても

作品に仕上げるレベルの高さがないと駄目

 

いつも、本物を見て

いつも、向上心を持って

いつも、研究する

 

そういう、人が商業出版される作品を作れるのです

 

商品を作るというのは、本当に大変な事なのです

 

 

      <文責・ab-絵本創作塾 須田繁太>

 

コメント: 0
ab-絵本塾教室風景の画像
ab-絵本教室(高田馬場)

〒171-0033

東京都豊島区高田3-10-18

東ビル203号室

ab-絵本創作塾

※電話には、なかなか出れませんので

お問合せ・ご連絡は、下記メールボタンよりお願い致します。

絵本棚が増えた画像
絵本棚が増えました
ab-絵本創作塾 授業風景(画材授業透明水彩)
授業風景(画材授業透明水彩)
創作絵本コースの絵本塾授業風景の画像
創作絵本コース作品
1冊の絵本を創作してみるコース授業
絵本制作風景
ab-絵本創作塾コース授業風景
パステル体験
参考絵本の溢れてる絵本塾です
参考絵本の溢れてる絵本塾です

当サイト内に掲載されている、全てのイラスト・写真・文章の無断転載、転用を禁止します。

copyright ©ab-sousaku

all rights reserved.