絵本作家になる為に2

 

絵本作家になるためにという題名だけど

絵本作家に限った事ではなく

「何事かをやりとげる三条件」がある

それは、「運・鈍・根」

「運」は、誰にでもわかるように「運」なので

自分の意思では、どうにもならないし

自分のものではない

 

「鈍」は、「鋭」の逆って事

日常生活で「鈍であること」

とげとげしない、敏感でない・・・

鈍感になると困るけどね

 

そして、「根」

これは、唯一の自分自身で何とかなる事

根気ですね

 

こつこつとひとつの事を続けていると

他の事をあまり考えないから、社会的に「鈍」になれ

さらにこつこつを続けていると

めぐってきた「運」に出会えて

三条件が揃う

 

自分で出来る「根」の時に

結果の「いいとこ取り」ばかり考えていると

途中で挫折しやすい

目先の絵本作家はかっこいいとか、儲かるかもとか・・・

そんな事で、目指しても駄目ってこと

 

もっと大きな要因で、努力を通して「自分を育てよう」という

気持ちがなければ、ちょっとした挫折や困難や苦労で折れてしまう

 

大きな要因があると乗り越えられる

乗り越えられると言う事は、続けていけると言う事

 

「世界平和」とか「世界を笑顔であふれさせる」とか

「愛で世界を救うとか」作品作りのテーマだね

 

そういう大きな次元でテーマを持って、目指さないと駄目って事

 

それを実行してる若手の作家もいる

 

最初は、違っても

今は、そういう考えで作品を描いてる

だから、一日10時間も絵を描いてても

まだまだと言える

限界だけど、頑張る〜  みんなの笑顔の為にってね

きっと、作品を描く事に対して、自分が苦労したって思わない

んだろうね。

そういう大きな事が、作品を作るパワーになってる

 

大きく構えて、天命を待つだね

 

天命が下りた時に、困らないように

日々、自分を育てる努力をしておこう

 

備えあれば、憂いなしですよ

せっかくのチャンスも、実力が無ければ生かせない

 

なかなか三条件が整う事は難しいけど

そろう可能性はある

 

     <文責・ab-絵本創作塾 須田繁太>

 

 

 

コメント: 0
ab-絵本塾教室風景の画像
ab-絵本教室(高田馬場)

〒171-0033

東京都豊島区高田3-10-18

東ビル203号室

ab-絵本創作塾

※電話には、なかなか出れませんので

お問合せ・ご連絡は、下記メールボタンよりお願い致します。

絵本棚が増えた画像
絵本棚が増えました
ab-絵本創作塾 授業風景(画材授業透明水彩)
授業風景(画材授業透明水彩)
創作絵本コースの絵本塾授業風景の画像
創作絵本コース作品
1冊の絵本を創作してみるコース授業
絵本制作風景
ab-絵本創作塾コース授業風景
パステル体験

当サイト内に掲載されている、全てのイラスト・写真・文章の無断転載、転用を禁止します。

copyright ©ab-sousaku

all rights reserved.

参考絵本の溢れてる絵本塾です
参考絵本の溢れてる絵本塾です