絵本出版業界の不況

 

たまに、本屋に絵本を見に行く

やっぱり、関連の業界の流れとかを

見ていないとね

本の無い本棚
本の無い本棚

で、いかに絵本の出版業界が不況なのかが

良くわかるよね

 

だいたい、児童書売り場の面積の狭さと

品揃えの少なさ・・・

 

名作は、どこで買うんだって感じだね

 

品数が少ない・・・

でも、絵本は知ってる

ネットで買う

一度、ネットで買うと

次も、ネットになる

だって、欲しい物がすぐに手に入る

 

書店が売れない

売れないから、売れる物だけを並べる

 

児童書は・・・高い

高いと・・・売れない

売れないから、本屋が置かない

 

置かれないと・・・出版社の利益が無い

 

知ってる人が客でなく

見て、その場で買ってくれる人が客

 

本の客というのは、そういうもの

知らないけど、見てみたら、読んでみたら気に入ったから買う

この流れが、書店と出版社の客層

 

なのに・・・本が無い

 

難しいよね

 

「ぞうのババール」の絵本が欲しくて

探して、本屋を三店舗も回ったが無かった

それも、それなりに規模の大きな書店なのに・・・

 

結局、ふらっと入った小さな本屋にあったけどね

 

時代なのかなぁ・・・ぞうのババールって

有名なんだけどな・・・

 

しかし、高い・・・1400円+消費税

 

この値段をなんとかしないと

本当に・・・駄目だって思うよ

 

売れないから、単価を高くして利益を高くしてるのも出版社

自分で、自分の首を絞めてるよね

 

このままでは、総合出版社が生き残り

単種の出版社は、消えていくしかないね

 

そうなると、似たような作品ばかりになってしまう

出版を決めるのは、出版社だからね

いろいろな出版社が、他社に無い本をと競うから

いろいろな作品が世に出てるのになぁ・・・

 

本屋に行って、そんな事を考えてしまった今日でした。

 

   <文責・ab-絵本創作塾 須田繁太>

 

コメント: 0
ab-絵本塾教室風景の画像
ab-絵本教室(高田馬場)

〒171-0033

東京都豊島区高田3-10-18

東ビル203号室

ab-絵本創作塾

※電話には、なかなか出れませんので

お問合せ・ご連絡は、下記メールボタンよりお願い致します。

絵本棚が増えた画像
絵本棚が増えました
ab-絵本創作塾 授業風景(画材授業透明水彩)
授業風景(画材授業透明水彩)
創作絵本コースの絵本塾授業風景の画像
創作絵本コース作品
1冊の絵本を創作してみるコース授業
絵本制作風景
ab-絵本創作塾コース授業風景
パステル体験
参考絵本の溢れてる絵本塾です
参考絵本の溢れてる絵本塾です

当サイト内に掲載されている、全てのイラスト・写真・文章の無断転載、転用を禁止します。

copyright ©ab-sousaku

all rights reserved.