自分の域

人は、無意識に自分の域でまとまるもの

作品作りでも、自分の域でまとまるから

完成と思えるもの


しかし、その域が

本当の完成かどうかは、わからない

その時は、完成でも

その後に、未完に気づく


だからこそ、作っても作っても満足しないし

もっともっとと求めて作品を作るのだろう


自分の域を知るには

違う域を知る事


「井の中の蛙にならない事」


別の空気、別の世界を知ると

何かを感じる


人も作品も「殻」の中では駄目だ


そう、自分の「殻」が自分の「域」である

殻を破り、別の域に進もう


そこに新しい何かがあるのである

名のある人が、多趣味多才能なのには理由があるのだな


みんな、を越えようとしているって事だ



ab-絵本塾教室風景の画像
ab-絵本教室(高田馬場)

〒171-0033

東京都豊島区高田3-10-18

東ビル203号室

ab-絵本創作塾

※電話には、なかなか出れませんので

お問合せ・ご連絡は、下記メールボタンよりお願い致します。

絵本棚が増えた画像
絵本棚が増えました
ab-絵本創作塾 授業風景(画材授業透明水彩)
授業風景(画材授業透明水彩)
創作絵本コースの絵本塾授業風景の画像
創作絵本コース作品
1冊の絵本を創作してみるコース授業
絵本制作風景
ab-絵本創作塾コース授業風景
パステル体験
参考絵本の溢れてる絵本塾です
参考絵本の溢れてる絵本塾です

当サイト内に掲載されている、全てのイラスト・写真・文章の無断転載、転用を禁止します。

copyright ©ab-sousaku

all rights reserved.