自分の技法の一番大切な場所

一口に、絵を描くと言っても

絵の方向性や

画材によって、それぞれにポイントとなる一番大切な場所がある

 

その一番大切な場所を慎重にやらないと

無駄な努力の絵になってしまう

 

例えば、リアルな絵を描いている人が

初期の「形を取る段階」でズレていたら

 

その後に、どんなにリアルを追求して描き込んでも

・・・その作品は、駄目なのである

 

部分は、凄くても全体に形が取れていなかったら

駄目・・・

 

そういう風に、致命的な場所と言うものが

どんな画風、画材でもあるのである

 

そのポイントを充分と把握し

何倍も時間をかけて描く

 

先きに進みたい心を制して

慎重に描く

 

妥協しないで描ききる

 

それが出来た時に、安定した表現が確立出来るかも知れない

 

プロとセミプロの差は、そういうところの掴み方かも知れない

 

思いつきの記事です。

 

 

ab-絵本塾教室風景の画像
ab-絵本教室(高田馬場)

〒171-0033

東京都豊島区高田3-10-18

東ビル203号室

ab-絵本創作塾

※電話には、なかなか出れませんので

お問合せ・ご連絡は、下記メールボタンよりお願い致します。

絵本棚が増えた画像
絵本棚がどんどん増えています。
ab-絵本創作塾 授業風景(画材授業透明水彩)
授業風景(画材授業透明水彩)
創作絵本コースの絵本塾授業風景の画像
創作絵本コース作品
1冊の絵本を創作してみるコース授業
絵本制作風景
ab-絵本創作塾コース授業風景
パステル体験

当サイト内に掲載されている、全てのイラスト・写真・文章の無断転載、転用を禁止します。

copyright ©ab-sousaku

all rights reserved.